鶴林寺へ

2017/04/12

例年より早い梅雨入りに驚き、雨に降られるのも慣れてきました。
コート型のスクーター用 雨具は役立ちます。

ちょうどツユにさしかかり、季節の早い台風が来た翌日。

18番札所から

札所も、一番から 順々に増えていき、もう18番目に来ました。

毎回、今日はこの辺まで と予定を立てますが、道に迷ったり、思ったより道のりに時間がかかりいつも一つか二つは少ない。

閉まる時間が五時までというのが痛いです。
まだ明るくこれからまだ、というときになんとか滑り込むことも多い。

 

18番恩山寺

5on.jpg

19番立江寺

立江寺を最後に平野部を終わり山部へ

6tate.jpg
ここは、周辺の有料駐車場になるが、こういう所にバイクおける

途中、田舎道でガソリンSを見つけ補給入れる スタンドあって良かった。700円ぐらいだった。
省電力化したせいで燃費はいいRV君

スポンサーリンク

鶴林寺

ここも山を上がります。

道がわかりにくいが地図で。

やっぱり立江からは、とおいなぁ 山に入る

番鶴林寺1

山道は、細いが思ったほどでもなく、距離も短かった。

台風の影響で この日は台風が去った翌日。地面も湿り、落ち葉や枝などが道に散らかっている
焼山寺の大変さをしっているのでたいしたことない。

こんな道 台風の後の落ち葉は寂しさを感じる。でもお寺を目指し走っているとなぜか楽しい

20番鶴林寺2

たどり着いた鶴林寺
こういう歩道を行くとその先にある。

この道を行くのが楽しい、どういうお寺なのだろう。
20番鶴林寺3

やはり山の上のお寺はいい。 たどり着くと昨日の台風での落ち葉の掃除などをしていた若い女の人がいた、境内を掃除していた。山の上に不釣り合い。

大きな境内の維持は大変でしょう。 お寺はいつもどこへいっても清潔だ。

番鶴林寺6

後で知りましたが、ここには 美人の女将さんがいるそうです(^_^) あとは雲辺寺にも・・という話ですが・・
納経のとき書いてほしかったなあ。わりと有名みたいでみんなそう思っているとか 煩悩抜けてない(^^

鶴林寺に行かれる人は、見かけると幸運かも。

20番鶴林寺7

ここの三重の塔は有名らしい。足利=室町時代に建立らしい。やはり山の上、人はいなくてゆっくりとお経を唱える。山上のお寺はやっぱりいい。

20番鶴林寺5

納経へ行くと 車500円とあった。山の車道整備や駐車場費用です。山上はいろいろ維持に大変なことでしょう。
オートバイで来たのを告げると、
バイクは無料で とのこと。 ありがたいが、それならお賽銭をもっと入れていたらとおもったけど。
後で思ったけど100円ぐらいは納めてきたら気持ちがよかったと思う。

そして 納経のときに

  次の大龍寺、今日は風でロープーエーは揺れるでしょう。

バイクでなら 上までいけますよ。

やっぱり道はたいへんですかね?

いえ、軽四でも上までいけますから。ここまでこれたのなら上がれる  とのこと。

今の時間なら、次のお寺へ、早ければその次の札所へも行けるとこのこと。

楽にロープーエーで行こうと予定していたのだが・・せっかく教えてもらったし
ロープーエーも乗りたかったが、これもなにかのきっかけだとバイクでいくことにする。

次までは焼山寺に次ぐ難所とのこと。

またバイクで行くことになった・・これは私のお遍路の定めなのじゃ、とそのままに受け取る。

たいへんそうだなあ。

記事下 related-link上

スポンサーリンク