ウエイトローラーの調節(重く)(加速や燃費と乗り心地を変える)

2016/12/29

ウエイトローラーを重くした

普通は軽くして加速をよくする方向が多いが、巡航速度の55~70km域でもう少し回転が落ちマイルドになる方がいいので重くしてみる。

Vベルト交換の際に、その前 同じ条件でウエイトローラーだけ換えて試走。

WR1.jpg

スポンサーリンク

大きく重くして見る

純正の12gから スペーシー125の16gを付けてみた。
(サイズで、スペーシー125やアドレスV125のWRが使えるみたいです)

WRは1gぐらい変えても 気のせい ぐらいの体感しかないのでドンと大きく変えるのがわかりやすい。

出足などでそれほど大げさな変化はないが、いいところをとるのか難しい乗り心地になった。
加速は少し鈍くなるような気がする、普段のアクセル開度ならそれほど感じない程度だが、

このバイクの最大の魅力、持ち味の中速域が鈍くなっている。
65kmぐらいで走る回転数は落ち着いて元より走りやすい。

巡航の55~80mあたりがかなり乗りやすくなり、高速側で伸びも良くなっている乗り心地感覚
しかし中速域40~60kmが鈍く全体に前よりまったりする方向になったような乗り心地。
55以上ではいいのだけど、そこまでの中速の反応が鈍るとこのバイクの魅力が失われる・・

40kmあたりからアクセル空けると 追い風が吹くように そのまま風に乗ったように加速するあの感じは、弱くなった。
以前のような加速感を出そうと走っていると、中速加速でアクセルを一杯、全開にしていることに気づく。そこまで回さなかった以前より鈍りがある。

中速から高速域が最大の魅力だった、鈍ると寂しい

遅い車や原付バイクの後ろを走っていて、
追い越そうか と グッとアクセルと空けると アクセル操作に応えてフゥーンと加速しスゥーと伸びていくあの感じが鈍くなるのは・・・

追い風に乗るとトルクの谷がない走りが楽しさの1つだった それが少し上にずれ込んだような感じの走行感に。

大きく感じるわけではないけど中速域の鈍りとその上の高速域の伸びは体感できる。
高速域、同じ回転数で7-10キロ上がった感じです。

高速域を使うセッティングにいいですが、この設定をとるかは難しい。

燃費や高速巡航には良さそうです
出足はそれほど大きくは違わず、高速よりの走り 道の流れの巡航の走行に、
渋滞のない道で距離走る巡航走行用なら良さそうといった感じです。
(125なので高速設定といっても60~80kmあたりのことでそれなりの速度ですが)

ちょっと渋めの設定になって乗り心地はまあ悪くないが、スポーツ性は落ちる。
難しいところですね。クルージング寄りになる感じ。

もとよりも上の域50kmぐらいから、を使うならこれですね。ツーリング仕様かも
でも、登坂能力も落ちる。

感じたのは、
高速側のスピード感がよく、80kmこえて走ってみてもエンジンのうなりが先につくことなく安定感がある。
このバイクの体、やっぱりスピード安定感があるなぁ と感じた結果です。
上の170ccと同じ車体な長所だ。 制動力もいい。

しばらくこれにしました。でもちょっとスピード出してしまうので、いずれもう少し落とす設定にしたい。
多分RV180JPなどでも 中型バイク 高速寄りにしたい場合はウエイトローラーは効果ありそうです。

記事下 related-link上

スポンサーリンク