スズキ アドレス125

2017/11/23

ロングセラーのアドレス125です。

加速と機動力のアドレスはまだまだ健在

アドレスV125

125スクーターの人気バイクの一台

addressV125 主要スペック

総排気量     124cm3

エンジン種類
強制空冷・4サイクル・単気筒
重量 100kg

シート高 75cm

最高出力 9.9 PS

燃料タンク容量(L) 6

 

タイヤ 前後  10インチ
価格    ¥23,6250

 

 

125スポーツスクーターの人気の火付け役といえるバイクだろうか もう歴史長いですよね

スポンサーリンク

アドレス125の特徴

軽量、コンパクトで出足や加速がよく通勤やお手軽バイクで大ヒットした125

原付以上125のコンパクト手軽さと便利さに走りのスポーツ性が加わって、通勤や街乗り、コンビニ 幅広い用途に一番選ばれたバイク。

原付では物足りないところを、コンパクトさは据え置いて125ccの力とダッシュを加えたバイク。
原付と多くを共通にしたようで、その分 原付が大柄だった。

メットイン

address125metin.jpg

コンパクト車体と出足のアドレス

街乗り通勤、コンビニまで用途に
原付は制限が多いので、原付の上のスクーターというのにも選ばれる。

価格も20万円台前半と買いやすく耐久性も。よく見かける125

今は、ヤマハやホンダも対抗車種で トリートやディオを出しています。
一方アドレスは グリップヒーター、ハンドルガード シートのヒーターまで標準で付いたグレードが出て進化しています。

キビキビ機動力で素早く移動する乗り物にピッタリ向きそうですが、のんびり乗る、ツーリングの旅などのにはあまり気が向かないような乗り心地がしました。

アドレスといえば、出足のダッシュと加速!
他の同格のスクーターに プラス 加速とダッシュ力の走りが特徴でしょう。

 


(古い話で恐縮ですが)
スポーツスクーターの火付け役が 初代ヤマハJOG(50cc)です。

そのあとホンダDJ1など多種多用に登場して、
遅れて参入してきたのが スズキ Hi(ハイ) 確か 明石家さんまがCMキャラクターだった。
軽快な走りのイメージのアピールだったんでしょう

加速がすごいと仲間内で話題になり、
当時は、知らずにスポーツスクーター買った近所のおばちゃんが、出だしてウイリーして落馬、腰の打ち身で寝込むなんてこともありました。

アドレスはどこかHiの走りの雰囲気をもっているようなバイクだと思いました。(古すぎる話ですが)


 

単なる一意見ですが、
道で見かけるアドレス125はマナーが悪いのを見かける。

マナー気にしない、かっ飛び派がアドレスに乗るのか
アドレスに乗ったから かっ飛びビュンビュンになるのか

普通に乗っている人が大多数だと思いますが、単なる気のせいかな。

記事下 related-link上

スポンサーリンク