ウオーターポンプのメカニカルシール組み立て③

公開日: : 最終更新日:2016/10/05 整備とメンテ(-冷却系) , , ,

メカニカルシール組み立て

全部はずれたので次は組み立て

新品に変えて組み立てる。

クランクケースカバー清掃後

WpCover1.jpg

ステーターコイルまで全部外し清掃したカバー

ガスケットも丁寧にはがし、表面を磨いて。丁寧に作業しました。(なんて綺麗なったことでしょう)
今度はオイルたれの原因とならないように、丁寧にガスケット面を仕上げる。

外側にオイルシールとメカニカルシール組み込み

新品のオイルシールとメカニカルシールを組み入れ

Wpmeca8asmb1.jpg

交差がきつく、圧入するのは奥ベアリングと表のメカニカルシール

Wpmeca8asmb2.jpg ソケットレンチを使い ハンドプレスでギュッと押圧入。

内側からベアリング挿入

Wpmeca8asmb4.jpg 内側のベアリング圧入

押し込み棒の大きさはベアリング外輪に当たるサイズを使います。

組み立て完成後

圧入後、綺麗に組み込まれているか、表面をパッドして密着を確認。
Wpmeca8asmb6.jpg

こういうところは手抜きするとその後に漏れが出るかもしれない一手間加える丁寧さが成果にでるところかもしれません。

Wponp2.jpg ペラも組み立て。

組み上げて軸を回すと、軸がかなり硬くなって手つまんでは回らないほど
新品だとこれでいいのでしょう。

ここまで時間がかかったぁ

やっと組み立て、オイル入れて、エンジン始動の時・・

スポンサーリンク

関連記事

ラジエターカバー

ラジエターを覆う改良 | RV125

冬のためにRV125のちょっとした手入れをしました。 ラジエターが冷えすぎる水冷エンジンの対策

記事を読む

ウオーターポンプの水漏れ

カバーを外して跡をよく見ると、ウオーターポンプ(水ポンプ)の外側のカバーから流れのような後がある。

記事を読む

ウオーターポンプ メカニカルシールとオイルシール交換①

ウオーターポンプのメカニカルシールとオイルシール交換 ウオーターポンプのプロペラの軸を抜く メカ

記事を読む

 

さび付いた折れ込みボルト
折込んだボルト | さび付いて固着している場合

整備でネジの頭をネジ切ったときの対処3 中に入り込んでしまったボルト

rv125-fview
復活メンテナンス RV125jp

さて、ずっと乗り続けているRV125jp 以前は街でも見かけたこ

ワコーズ スーパーハード
樹脂の白化を防ぐ | ワコーズスーパーハード VS 黒樹脂復活剤

  新しくワコーズの樹脂保護剤 スーパーハードを試して

新品Vベルト
Vベルトとスライドピースの交換

RV125 以前 早めに交換したVベルトが切れて旧品の取り置きに戻し

ラジエターカバー
ラジエターを覆う改良 | RV125

冬のためにRV125のちょっとした手入れをしました。 ラジエター

→もっと見る


  • -
PAGE TOP ↑