ウエイトローラーの調整

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 整備とメンテ(-駆動系) , , , ,

加速や燃費と乗り心地を変える

前に ウエイトローラー(WR)
純正 12gから

・すごく重く16g :: 加速はだめだが高速域がかなり良い
でももたつき過ぎる感じ

・すこし下げ14.5g  :: まあまあ、高速域が乗りやすく、加速、中速はにぶい

ここからさらに下げてみた。14.5gの走行感は悪くないが、楽しくない

変速ベルト機構

スクーターのウエイトローラーを変えて、加速などの好みを自分流に変更します。

ウエイトローラー 乗り心地の違い

ビジネス向け、通勤向け等に作られたスクーターは加速をとるより全体のなめらかさ設定になっている。

通勤用スクーターは、足として使いやすいが、乗っていて、所有していてもあんまり楽しくない。

バイクの楽しさの大きなところはやっぱり加速! アクセル操作に応えて、グッと加速するのが乗っていて楽しい。

IMG_6395.jpg

RVくんの最大の魅力だった中速域から始まる追い風が吹いたような加速感がやっぱりほしい、ということで
・WR13gに(前より1.5g下げ、純正より1g重い)

IMG_6401.jpg

良いところで調節

走行感は、このあたりが自分には妥当かな といったところ。

  •  グッとでる出足は純正ほどでないが少し改善。
  •  中速域の加速が戻った!”
  •  高速域は60km台の前半ぐらいまでならスムーズ。

特に、やっぱり中速のあの追い風が吹いたような加速感

40kmの半ばあたりからになったが、アクセルをグゥッとひねると、フイーン、シュルシュル

とジェット機の音のようなエンジン音に変わり、一気に上まで加速する感じが戻った。

高速域は、バイパスの速い流れにも以前は車の後ろに難なくついて行けたが、流れが速いと少しエンジン回りすぎる感がでる感覚。
60キロ半ばまで普通に走れば125ccなのでいいでしょう。

抜かせてもらいますよ とアクセルをひねって前に出る気持ちのよい加速はやっぱりこのバイクRV125jpの持ち味。

遠心クラッチのビビリも調節

IMG_6399.jpg

WRを重くして、発進時にガクガクという振動が気になっていた。ジャダーといわれる現状だろうか

WRを重くしたのが原因だと思うが、それ以外の原因ならこれを直すにはなかなか難しい。
ノーマルのままでもたまに感じたが、WRを重くしてから余計感じるようになった不快さ。

シュー表面の脱脂等はしない方がよいようです。

シューの一部が当たっていたようなので、紙やすりでならし組み付けるとやまった。たぶんWR軽くしたから。

今年は寒さが早かったので、春一番も早く吹いたようです。
春に向けて走り出す準備。

スポンサーリンク

関連記事

Vベルト交換

1.6万kmになったのでベルト交換 交換は、なれると難しくないが、コツと工具が必要

記事を読む

キック スターターの修理

RV125jp君には キックスターターが付いている。 セルだけのバイクが多い中で あれば無いよ

記事を読む

no image

ウエイトローラー調節(加速や燃費と乗り心地を変える)

以前、純正12g→16gに替え、マイルド過ぎる走りになった。 高速側は回転が下がり80kmぐら

記事を読む

ウエイトローラーの調節(重く)(加速や燃費と乗り心地を変える)

ウエイトローラーを重くした 普通は軽くして加速をよくする方向が多いが、巡航速度の55~70km域で

記事を読む

新品Vベルト

Vベルトとスライドピースの交換

RV125 以前 早めに交換したVベルトが切れて旧品の取り置きに戻して使っていました。 もう

記事を読む

切れたVベルト

Vベルトが切れた!スクーターのVベルトの向きを反対につけたら?

久々に乗ったある日、突然走行中に加速が悪くなり プチィと音がして アクセル回しても動かなくなった。

記事を読む

 
さび付いた折れ込みボルト
折込んだボルト | さび付いて固着している場合

整備でネジの頭をネジ切ったときの対処3 中に入り込んでしまったボルト

rv125-fview
復活メンテナンス RV125jp

さて、ずっと乗り続けているRV125jp 以前は街でも見かけたこ

ワコーズ スーパーハード
樹脂の白化を防ぐ | ワコーズスーパーハード VS 黒樹脂復活剤

  新しくワコーズの樹脂保護剤 スーパーハードを試して

新品Vベルト
Vベルトとスライドピースの交換

RV125 以前 早めに交換したVベルトが切れて旧品の取り置きに戻し

ラジエターカバー
ラジエターを覆う改良 | RV125

冬のためにRV125のちょっとした手入れをしました。 ラジエター

→もっと見る


  • -
PAGE TOP ↑