SYM 新発売! JOYMAX125i(旧GTS125i)|VS キムコダウンタウン125i バーグマン)

2016/07/05

台湾キムコのダウンタウンだけだった大型125スクーターに
SYMからJOYMAX125i 大型スクーターが発売された。

symから大型125が出た!

sym gts125i

JOYMAX125(旧GTS125i)全長  2160mm  全幅 760mm  全高  1420mm
シート高  700mm
ホイールベース  1520mm
タイヤサイズ  前:120/70-14 55P  後:140/60-13 63P
エンジン形式  水冷4サイクル  総排気量  124.5cc
乾燥重量  168kg
最大出力  9.66Kw/9000rpm 最大トルク  11.8Nm/7000rpm

SYM が RV125i とは 別の新車種を日本で新発売

スポンサーリンク

ここが違う

suzuki burgman 同様 ヨーロッパ向けを日本販売バイクのようです
* GTS125iは世界市場向けの車名 JOYMAX125i に改名されました。

重厚感、大きさがあり、かなりビッグスクーターに近い

すでに発売されて、少しずつ浸透しつつある。
今度の新型は、RV125のような、フラット足元、大容量メットインなどの利便性より装備を整えたグレードアップ版のような車種。
どことなくフォルツアに似ているデザイン。

メーター周り
gts125i メーターgts125i フロア

このクラスでは豪華といえるフロントのダッシュボード、シガーソケットなど完全に利便性や足としての用途より、ビッグスクーターの路線の125cc。
ミラーも電動開閉式だそうです。

GTS250i と同じ車体でエンジンだけ小型化の125のようです。
重量  168kg で軽くはない。
RV125は、125ccでは重くてもバランスよく乗り回せた
250ccのエンジンスケールダウン版では 出足や乗り心地はどうでるのだろう。

どっちかというと、日本車でスズキ skywaveのタイプですね

全長や大きさでも 一回り大きく250並のスクーター キムコ ダウンタウンより豪華さ、重厚感があって、125ビッグスクター

 キムコ ダウンタウン125 しかなかった250並みの車格の125  SYMにもついに登場です!!

 

sym GTS125i VS キムコ ダウンタウン125i と比較

sym gts125i VS DwnTwn125i

 

 主要仕様 SYM
GTS125i
 キムコ
ダウンタウン125i
全長 2160 2200
全幅 760 810
 シート高  700mm  775mm
 重量(kg)  168kg  158kg
最高出力 9.66Kw  11kw
エンジン 水冷4サイクル
124.5cc
 4ストSOHC2バルブ
124.8cc
 価格  37,8000円(税別) 388,000(税込)

大きさはほぼ変わらず、わずかにGTS125iが小さい

大きさ GTS125i ≒ ダウンタウン125i
重量  GTS125i > ダウンタウン125i
出力  ダウンタウン125i > GTS125i
価格  GTS125i > ダウンタウン125i

重量が GTS125i が 10kg 重い!  パワーも ダウンタウン125i のほうが少し上
フラット足元や軽快さはなさそうなので、普段使いの足としても使う用途は目をつぶり、ビッグスクーターとして出してきましたね・・

仕様では、ダウンタウン125iが有利なようです、実際は 乗り心地や走行感なので・・・でもGTS125iは10kg重いが、シート高がダウンタウン125iよりかなり低く

高回転のエンジンではRV125で定評があるsymだから
出足はやはり重いようですが、速度が乗ればクルージングに向いてる。

GTS125i(joymax)は重量があっても重心が低いので取り回しや走行で安定感あり、125ccながら大型スクーターのタイプですね。

125cc は ビッグスクーター とは一般に呼びませんが、こういうタイプが出てきたら
そろそろ

 125のビッグスクーター という分野になってもいい頃だろうか ?

大きさでも同等の、以前の記事のスズキ バーグマン200 も出てきたし、

 小ビッグスクーターというのか? 中間的な大きめスクーターが続々 出て来ています

価格が キムコダウンタウン125iより高く、250ccと8万円しか変わらない・・選択では、、微妙なところですね。

でも日本メーカーならこの値段ではムリだろうし 125ccまでで、250クラスの大きな車格のスクーターなら選択が増えた

記事下 related-link上

スポンサーリンク