バイク用の冷却インナー帽子|夏のバイクの暑さ対策、熱中症対策

2017/07/23

やっぱり、あつい、暑い、、季節感のある風流な夏 はないものか

夏に外で熱中症になるまえに、いろいろ試す暑さ対策

ヘルメットの冷却インナー帽子

すこしでも冷やすための、前回の冷却グッズにつづいて

ヘルメットの内側に濡らしてかぶる頭用の冷却インナーです。

バイク用の防寒はあっても、夏の冷却用にありそうでないメッシュの帽子。

頭が涼しくなるのと、熱中症対策には効果はアリといえるグッズです。

スポンサーリンク

ヘルメットのインナー

大好評 夏の定番、猛暑、UV対策「 ひんやりハット」おかげさまで年中売れてます!ブラック#900

こんな暑い夏に、ツーリングに行きたいとは思わないが、
ツーリングに行った時が 暑い夏の日だった ということはよくある(^^;

あついときはイライラするし、熱中症の危険もでる、車よりずっと高い。
そういう時に、渋滞にハマり、クーラー効いた車の連中に道でバイクが邪魔にされると余計腹立たしくなるし・・

少しでも冷やすのに、ちょっと乗るのに水に濡らしてかぶる、
濡らして蒸発するときの気化熱で涼しくなる効果のグッズです

それだけですが、大切な頭の冷却になる。

大好評 夏の定番、猛暑、UV対策「 ひんやりハット」おかげさまで年中売れてます!ブラック#900
ツーリングなら荷物の装備に入れておいたら、助かりそう。

緊急ワザ

 

 

前に紹介した、冷却効果の高い ”氷まくら系” の凍らせるやつを持参。
夏のバイクの暑さ対策、冷却グッズ

面積が大きく、冷却効果が大きいので、それを頭に乗せて、メットをかぶる(^^

・・・かなり強引だが、しばらく走ると

かなり涼しいのよん♪

「動物園の白クマに、氷のプレゼント というニュース」 をたまに見るが、この枕、シロクマがもらった氷のような気がする。
時間が長持ちするので、あっちこっちにあてて冷却。北極から日本まで、かってに連れて来られたシロクマの気持ちがわかる・・

氷枕は、休憩時に、あてて冷やすのにも効果が大きいです。

暑くて熱中症になる前に、なんでもしましょうね

 

 

さて、ヘルメットの冷却インナー帽子に戻って

ひんやりハット ヘルメットの冷却インナー帽子

水に濡らしてかぶると、気化熱でだいぶマシで効果あります。

生地が厚くてちょっとゴワつくのと、サイズが選べないので着心地は人を選ぶが、ジェットヘルだとよりいいみたい。
大好評 夏の定番、猛暑、UV対策「 ひんやりハット」おかげさまで年中売れてます!ブラック#900
水に濡らして、頭部と後ろの垂れているところから気化熱で熱を放出。
後ろのタレは、外しても使える。

ヘルメット用でなくても、単独でも使えます。バイク以外にも、屋外の作業に。

扇風機にあたっていると特に効果大。水に濡らしてかぶるとヒンヤリ感がある。
だからヘルメットの前頭部に入る風のベンチレーションと合わせてヒンヤリ感は出る

素材もメッシュ素材なので、インナーとしても使える。

大好評 夏の定番、猛暑、UV対策「 ひんやりハット」おかげさまで年中売れてます!ブラック#900
大好評 夏の定番、猛暑、UV対策「 ひんやりハット」
おかげさまで年中売れてます!ブラック#900

額から垂れ落ちる汗がだいぶんなくなります。

こんだけ暑いと、
でも夏もそう長くない・・短い夏と思って、熱中症になる前に
便利なものはサッサと、なんてもいいから使おう!

体は怠けさせると、いくらでもなまけることになれる。暑さに向き合ってると体も強くなるし、
あの懐かしい、ひたむきな昔の部活の頃に戻ったつもりでがんばりましょう!

記事下 related-link上

スポンサーリンク