カワサキ KDX125 | オフロード車125

2018/10/29

カワサキ KDX125

125ccクラスのオフロードタイプのバイクたち

フルサイズ 本格派のオフロードバイクのKDX125(旧車 生産中止)

KDX125

kawasakiは現行のKLX125が販売中ですが、こちらは本格派2サイクル22馬力

2000年を前に生産終了

本格派オフロードバイクとして中古市場では人気です。

シート高も高く、サスストロークもあって本格オフロードバイクの風格が漂う。

仕様

車種 カワサキ
KDX125
重量 104 kg
シート高 860mm
全長 2115
出力  22 PS
 タイヤ F21R18
 キャブ,FI キャブ
 燃料タンク 9L
 価格 - -円

本格的に125ccで走るなら、このバイクでしょう。
最近の流れではもはやこういうオフロードバイクはもう出ない。

ジェベル125とも同時期のバイクですが、性格がことなり,今ではなくなった2サイクルエンジンの高出力。

もはや現行バイクでは2サイクル車は代わりがなく、中古市場でも人気になっている。

装備

シート高も高く、ハイパワーなので初心者にはちょっと扱いずらいところがあります。

現行のKLX125もサス等の装備はちゃんとしていますが、KDXはサスストロークも十分ある本格派。
倒立フォークで、ワンクラス上のモデルに匹敵する足回り

性格

オフロード車は高いシート高でも、柔らかく沈むので恐れるほどの高さでもないです。

低速で林道やガレ地を乗り越えながらというタイプと異なり、どちらかというとオフのモトクロスのコースなどをビュンビュン走り回るような中速タイプでしょう。

オフ水冷はラジエターが横に付いているので
ラジエター側に倒すと壊れたたら高くつくことがある^^;
選ぶときには、オフ車の性質と用途を考え併せて。

 

2サイクルエンジンはビービーと排気サウンドがあるが、白煙を堂々と吹いて走るハイパワーはもう現行車では求められない。
それほど古くもないので、パーツも当然kawasakiから今でも供給されています。通常、パーツは需要の少なくなった部品からどんどん消えていきます。

本格派 2サイクルエンジン ハイパワーで走るならKDX125に決まりです。

現行では、車体がコンパクト 性格が違うオフロードバイク、4サイクル KLX125がカワサキから販売中。

記事下 related-link上

スポンサーリンク