リターンライダーたち・・

2017/02/23

その昔、バイクといえば若者の始まりで入り口のようなものだった。。

レーサーレプリカでかっ飛び、速さを競ったり、無謀さも受け入れたのがバイク

suzuki RG250_Gamma

suzuki RG250_Gamma

十代には、ロックとバイクはどこか似ていると思っていた
それは既成の制度に対する反抗か、内なるエネルギーの解放かもしれないし・・

それも今は少し様変わりしてきたようです。

スポンサーリンク

アラフォーたち

最近はリターンライダーとして、アラフォーでもう一度バイクに乗る人が増え始め、新たに乗る人の勢いは小さいようです。

リンク-リターンライダー

リターンライダー、その勢いもだいぶん減ってきたようだけど。。

さて、日本の統計では、もはや4人に一人が65歳以上です。(将来 末恐ろしいです・・)

その中で、国内の貴重な乗り手がリターンライダーでもある。

 

リターンライダーの話

日本二輪車安全普及協会(なんなのそれ?) というところの特集

リンク-リターンライダー

リターンライダー座談会

見てるとリターンしてバイクに乗る人のワケもそれぞれ、、人生いろいろです。

でもみなさん共通なのは、再びバイクに乗って楽しそうなこと。。

40代になると、いやが応でも少しずつ人生というものを総括し始めることになるわけですが、

一つ強く思ったのは、

やれることは今やっておこう!

ということでした。

今がいくつであっても 今やっておいたらそれでよい、よかった

リターンしてバイクに帰って楽しめるのだって、若い頃にバイクにのる! というのをそのときにやっておいた置きみあげかもしれないし、

もしアラフォーで、これから初めてバイクに乗ろうかな? という人がいたら、
若い頃始めるより大変かもしれないけど、50代に始めるよりずっとイイはずだし

今をあとから振り返ったら・・
できるだけ何でもやっておいた方がイイんだ 、、それでよかったと思えるし、やってみたことはどれも、やって良かったと思える(いやな思い出も含めて)

やらない人

年齢を重ねてわかってきましたが、、、
やらないと結局 後悔がトシとともに募っていくわけです。

こういう理由だから 「しなかった、できなかった・・」

理由はいくつもあるし、作れるし、、だからできなかった・・という、言ってしまう

でも、しないで何してるかというと、思い出せば結局、他のことして遊んでたり、

時間がないから、といっぱい理由は述べられるワケですが・・

それより

"やってみた!”

でも、時間がなかった。 続かなかった、 僕にはムリだった とかの方がずっといいと思い返してしまう。

あれもこれもしとけばよかった、、と思うこともある。たぶんみんなあると思う。
でも、まあ頑張ってできることはあの時なりにやってきた。。なんとなくそう思えるように私は今は総括できるようになった。

今年はいろいろ人生の宿題を総括してやる年にすることにしました。

そいうのも含めて、オフ車も、乗り始めた!!

suzuki_Djebel125

お金なかった、乗りたくても買えなかった若い、あの時に持てたらもっと楽しかっただとうと思う

でも、10年後 あのころならまだ楽しめたのに・・

と後悔もできる。。(なぜなら、そういう思いが今までに何度もあるから)

だから、今からまた荒地に繰り出すつもりです(^^)

 

若い人も、アラフォー、アラサー アラフィフの人も、
二度と戻らない今を生きていることをたまには思い出して、人生を後悔ないように!

これから人生少しでも良きものにしてください。

記事下 related-link上

スポンサーリンク