廃油の処理 | オイル交換

公開日: : 整備とメンテ(-エンジン)

オイル交換をすれば出るのは 廃油

オイル交換は自分でするメンテナンスとして最初にだれもがはじめやすいものです。

面倒なのは廃油の処理
廃油をうまく有効に廃棄する方法です。、長年悩んだ解決方法を書きます。

オイル交換の廃油の賢い処理 いくつか

普通にオイル交換しても、処理に困るのがオイルのゴミ!

hondaG2_2

オイルチェンジャーを使えば、とても簡単にオイル交換ができるようになった。
上抜きで吸い出すので、下に受け皿を置いてドボドボ交換するより、汚れるところがなくて面倒さが飛躍的に減った。

でも厄介なのは廃油の処理、長年悩んだ解決方法を書きます。

廃油の処理方法

一番よくやる廃油処理は、オイルの受け皿(オイルトレイ)ごと捨てられるオイルパックです

一番手軽な方法から

オイルパック

全部紙製で、段ボール箱の中に吸収材が入っていて、これを下に廃油を受けて、そのままゴミで廃棄。

ひと箱300円ぐらいで、オイルの受け皿(オイルトレイ)も兼ねていて使いやすい
たぶん、一番使っている人が多いでしょう。

でも4L~5L用が多い。バイクなどでは数回分になる。

自作オイルパック

これ、自分で作ることができるのです・・

必要なもの

  1. 適当な段ボール
  2. スーパーのビニール袋
  3. トイレットペーパー

要は、オイルが垂れず、ゴミ回収車が持っていければよいのだ

オイル交換パック自作

背の低い段ボールの中に ビニール袋を2、3重にかぶせ、
その中にトイレットペーパーをいっぱい入れる。

oilpackDIY2

だいたい、トイレットペーパー1個で1L弱吸い取れるので、2Lなら3個入れる。(4Lなら5~6コ)

個数の目安は、袋の中でオイルが液に残らず、吸収されるぐらいの個数。

最後にオイル入れたら、袋の口を縛る

これで完成。

自作オイルパックのコスト
  1. 適当な段ボール:タダ
  2. スーパーのビニール袋 : タダ
  3. トイレットペーパー : 1個20円 × 個数

= 圧倒的に安い

オイル交換しよう! のたびに、買いに行く、買い置きの必要がないのも最大の便利さ

さらにエコな廃油処理

廃油をためておいて、引き取ってももらう

抜きだした廃油を、空きオイル缶にためて置き、廃油は引き取ってもらう。
これはとてもエコで環境によいのです。

オイルチェンジャーからオイル缶へ

廃油はパックで捨てると、焼却処理か、多くは埋め立て処理にされます(自治体による)

廃油の引き取りがエコな理由

しかしエンジンオイルの廃油は引き取られると燃料として使われます。
実際に欲しい人はいっぱいるのです。

ボイラーや暖房の燃料として有効な燃料になる!

そのため回収をしているところでは普通に引き取ってくれる
(集めたら、わずかですが業者がリッターいくら(数円~数十円)で回収しているようです)

容器に入れていって、廃油を移したら容器を持って帰れば大体のところで無料で引き取ってくれる。

廃油を引き取ってくれるところ

  1. ガソリンスタンド
    引き取りしてないところもある
    オイル交換をしているスタンドならほぼOK
  2. 自動車整備店
    業者が回収していくのでついでに引き取ってくれるところが多い
  3. オートバックス
    全国にあるので、一番わかりやすい

このへんは、地域、石油価格の変動等でも変わるようです。ドラム缶ぐらいになると有料で引き取りも可能らしい

あと、廃油を燃料に使うので引き取ります! って言う人、業者はネットでもいっぱいいるので、探してみるもよいでしょう。

欠点は 最初はメンドウなところは

  • 廃油を移してある程度ためておくのが面倒
    逆にオイル交換の毎回 ごみ出しの必要がないのが良い
  • 引き取り場所を探す
    最初、近所で探すのが面倒で、少し勇気が必要だったり。
    しかし、そういう手続きも、整備やメンテの実力になります

いったんわかればあとは簡単。地域のネットワークも広がります。
とりあえず、出入りのガソリンスタンドで尋ねてみるのが一番でしょう
オイル交換もして居るところなら普通に引き取ってくれる

探して、そこでまたいろんな情報を教えてもらったり、あそこで廃油引き取ってくれるよ、と人にも教えられる。

そして、有効活用されるので 最もエコ

いいことしている気分になる と思う。

バイクだけのオイル交換で年1回程度なら余計大変でオイルパックで捨てる方が簡単ですが、廃油の量が増えてくるとこっちが簡単。

オイルチャンジャーがあると、上から吸い出しで 廃油をためるのも簡単です


oilChn

ポンプ式オイルチェンジャー ”上抜き” で吸い出す

– 以前の記事の ポンプ式オイルチェンジャー

かなり簡単、手軽ににオイル交換できます。


普通のオイル交換方法も、オイルゴミをゴミの日にだすより慣れたら簡単と思います。

2forkOil

トレイで受け皿から移すのは ジョウゴがあれば便利。
じょうごセット 4ピース STRAIGHT/36-21445 (STRAIGHT/ストレート)

ジョウゴは広口、出口も広口のが1つ整備用(オイル用)にあるととても便利です。
キッチン用と違い、広口は粘りのあるオイルに扱いやすい
じょうご φ200mm STRAIGHT/36-425

楽な方ばっかり考えず、無理せずエコなことでもたまにはしましょう(^^)
廃油の引き取り、とりあえず、
私は・・・最初にセルフのスタンドで尋ねたら、「ああ うちやっとらん!」 と一言であしらわれたが、、
 そんなことでいちいちメゲてはいけない)

こういうセルフのスタンドって 監視役のバイトのおっちゃん一人なので対応が無愛想なことが多い。
常駐してるのが経営者の人だと、とても親切だった。。
あんまり無愛想だとガソリン他でいれるぞ(笑) って気になる。。

廃油オイルのためる缶は、4L缶では小さすぎ、
20L缶では大きく重すぎるので10Lぐらいがいいのですが、なかなか10L空き缶がないのが欠点。

でも廃油が缶いっぱいになると、”よくがんばった” って気持ちになって楽しいよ!

スポンサーリンク

関連記事

プラグについて

プラグの知識と種類の説明 プラグの種類と、番数や調節の方法などについて プラグ プラグの種

記事を読む

エンジンからのオイルのたれ修理

以前から気になっていたこと。 止めているとエンジン下にオイルのたれがある。 エンジン下部から

記事を読む

oil ultaraG2

エンジンオイル ペール缶

寒い冬の時期に、バイクからだいぶ遠のき冬眠していました。(乗らない間の充電はオプティメイト4があるの

記事を読む

プラグコードの改良|NGKパワーケーブルキット 加速アップ

プラグコードの改良 NGKのプラグコードキットをつけてみた 交換方法や効果と結果 よくある効

記事を読む

オイルチェンジャーを使う(楽ちんオイル交換)

オイル交換は、毎回定期的にやってくるのでメンドウになるもの。 そこで、 オイル交換を、手押し

記事を読む

調節後 エンジン始動(ガスケット交換、ウオーターポンプシール交換)

ウオーターポンプの水漏れ修理完了後 水漏れの原因として疑いがあるので、分解したついでにウオーターポ

記事を読む

セルが回らない故障2(修理)

さて、原因をテストした >セルが回らない故障1(検査 のつづき 故障してセルが回ら

記事を読む

発電不良 その3 磁気ローターを外す

発電不良は、前回までは異常がわからなかったので つづいて ローター交換 ローターやコイルを取

記事を読む

オイルチェンジャーでオイル抜き作業2

オイルチェンジャーでオイル交換

そろそろ暑さも和らぎ、秋の訪れの時期。暑すぎてできなかった整備をはじめました。 オイル交換の新

記事を読む

オイルフィルター交換(清掃)

エンジンオイルは内部を巡回しているので、途中で濾過するオイルフィルター(エレメント)は定期的に交換が

記事を読む

 

さび付いた折れ込みボルト
折込んだボルト | さび付いて固着している場合

整備でネジの頭をネジ切ったときの対処3 中に入り込んでしまったボルト

rv125-fview
復活メンテナンス RV125jp

さて、ずっと乗り続けているRV125jp 以前は街でも見かけたこ

ワコーズ スーパーハード
樹脂の白化を防ぐ | ワコーズスーパーハード VS 黒樹脂復活剤

  新しくワコーズの樹脂保護剤 スーパーハードを試して

新品Vベルト
Vベルトとスライドピースの交換

RV125 以前 早めに交換したVベルトが切れて旧品の取り置きに戻し

ラジエターカバー
ラジエターを覆う改良 | RV125

冬のためにRV125のちょっとした手入れをしました。 ラジエター

→もっと見る


  • -
PAGE TOP ↑