インパクトレンチでタイヤ交換 手順

2017/09/17

インパクトレンチでタイヤ交換

慣れるほど面倒になるタイヤ交換・・

タイヤ交換

インパクトレンチがあれば、簡単になる。
すごい楽、手回しレンチからみたら天国

インパクトレンチを使ったタイヤの交換方法です。

順番

同じようにジャッキをかけますが
ジャッキアダプタがあれば、インパクトレンチでジャッキアップができる

  1. ホイールカバーを外す
    .
  2. ジャッキアップ
    ジャッキアップ タイヤ取り付けジャッキもインパクトでウイーンって上げられる
    .
  3. インパクトレンチでタイヤ交換
    ジャッキアップ後のインパクト回し.
  4. ジャッキダウンしてナットを本締め
    ホイールナット トルクレンチで締め込み

ジャッキを上げる、ナットを回すが自動でできるのは、タイヤ交換の手間を大幅に簡単にできる。

スポンサーリンク

タイヤ交換をインパクトレンチで

ホイールカバーを外す

ホイールカバー取り外し

ホイールカバー

ホイールカバーで、ナットがついているものもある。

これは飾りで、ナットでないので注意!

ジャッキアップする前に

詳しいタイヤ交換の方法は以前の記事にありますが、1トンもある車を持ちあるんです、安全確認は事前に十分に!

車載工具についてるのがパンタグラフジャッキとよばれます。
(今は車についていないことが多い)

車載工具 ジャッキ

その前に 前準備(危ないので絶対確認のこと!)

ジャッキアップ前 準備

一度でもジャッキアップをしたらわかるけど、車が不安定になって、レンチで回すと車揺れる!

  • 必ず、平らな場所で作業する
  • パーキングP にして、 サイドブレーキを引く
    (ギアシフト車は、Nでなく、ローギアに入れておく)
  • そして、輪留めをします。(はしょらずに、絶対してね)

輪留め
タイヤ前後に輪留めしましょう

特に、サイドブレーキは、後輪側にしかかからないので、リアタイヤ交換では固定が弱くなる。

たまに、ジャッキが外れてガターンと落ちる事故があるみたいです。
体の一部でも下敷きになると、大ごとなので、安全準備は念入りに。
大橋産業(BAL) タイヤストッパー 折りたたみ式No.1108 1個

ジャッキを当てる場所

ジャッキをかける場所は決められている!

ジャッキアップポイントといいます。

車には、ジャッキを当てる場所がきめられてるので、必ずその場所にジャッキを当てる

(車作るときに、ジャッキアップポイントが必ず考えられて設計されている、だからどこでも当てたらダメ)

タイヤに沿ったこのラインをしたからのぞくと、切り欠きがあります。その間にジャッキがはまるように
(前輪UP、後輪UPのポイントが左右それぞれある)

ジャッキアップポイント

パンタグラフジャッキ 車に直角方向に当てる

フロアジャッキ

これよりも操作簡単で力強いのがのが フロアジャッキです。

フロアジャッキ
これもジャッキアップポイントに当てます。(パンタグラフジャッキとは違うポイント 車種によって違う)
大橋産業 油圧式フロアジャッキ (2トン)

説明書をみたら書いてあるので、必ずジャッキアップポイントにあてる。

フロアジャッキはアップしたら、ウマ(補助支柱)を当てておきましょう。

例えばカローラなら (車体に前後にそれぞれあります)

カローラ ジャッキアップポイント

 

ジャッキアップしたら

タイヤ交換の手順

インパクトレンチでジャッキアップ

ジャッキアップの準備をして、ジャッキを当てるのは同じ

ジャッキアップは手動で回してもいいけど、
インパクトがあるなら、「ジャッキ回しアダプター」は 断然 楽!

ジャッキ回しアダプタ

 

ジャッキを当てたら、インパクトにアダプタをつけてジャッキを回す

どのタイプのジャッキでも回せるようです(ワッシャを挟むなど多少工夫が必要かも)
あとトヨタの薄いタイプでもOKジャッキアダプタ取り付け

タイヤ用21mmの六角をかぶせる、インパクトを中に入れる両方OK
(中に入れるのはサイズがキツくて、製品にばらつきがありそう)

車載ジャッキヘルパー

ジャッキ回しアダプタ使用

ウイーンって自動で持ちあげ!
EMERSON(エマーソン) 車載ジャッキヘルパー EM-234

タイヤ交換 ナットゆるめ

ここが、インパクトの威力で、

ジャッキアップ後のインパクト回し

ジャッキアップした後でも、ナットがわませる

私はジャッキ1本でジャッキアップ後にナット回しやってるけど。
多少不安定だけど、一度やってみれば度合いがわかるので最初は注意してね。

ジャッキアップの前でも、もちろんインパクトで回せます
(手回しと同じ 着実安全をみるならジャッキアップ前の方が良い)

自動で、タイヤ1本につきナット4~6コを外す、絞める ×4本分
これはもう天国

タイヤを交換

タイヤを交換したら、今度は締め込み
(ジャッキダウンしてから本締め)

ジャッキアップ タイヤ取り付け

ナット留め

タイヤを付け代えて、ナットを仮締めします

ナットは、必ず手でスムーズに回してある程度までいれる!
インパクトレンチを使うのは、必ずスムーズにネジが入った後
(斜めにいれてネジ山がつぶれると、もう大変だから)

ナット仮締めの方法

仮締めとは:本締めの少し手前の力で、全部のネジを留めるとこと

ジャッキアップしているこの状態では、最後まで絞め込まない仮締めまで。

ジャッキアップ後のインパクト回し

インパクトに調節があるなら、「弱」の方で締め込み
(本締めはジャッキダウンしてタイヤが接地してから)

締め込みの順番は、対角線。

ホイールナットの締め込み 順番

別に最初の①はどれでも良いが、対角線の方向に均等に閉めることが大切

ナットの向き

ナットは向きがある

ナットは、球面の側がホイール側に当たるように。

ホイールナット

ホイールの通し穴はガバガバなので、この球面で中央に寄せられて固定されるようになっている。

 

ジャッキダウンをある程度して、タイヤが地面にある程度接地したあたりで、本締めします。

ジャッキダウンして締め込み

インパクトにアダプタをつけてジャッキを回す

ウイーン と逆回転させて降ろします。

タイやを接地させる。そしたら、本締め
(全部降ろしても良いが、車重を全部かける手前で、タイヤが回らない程度の接地具合が一番よい)

本締め

トルクレンチがあれば110Nぐらい(100~120N)で締め込んで完了

ホイールナット トルクレンチで締め込み

順番は同じく、対角線方向に。

トルクレンチなしでも、全部のナットを同じ力で絞めつけることが重要です。

トルクレンチは、タイヤ交換の使用中心なら、このへんの安いやつでも十分使える
EMERSON(エマーソン) レンチセット EM-29

タイヤ交換をよくするなら、インパクトレンチがあればもう断然違います。
それとジャッキ回しアダプターは絶対おすすめ。

エアーコンプレッサーもあると、ついでに空気圧チェックして、空気を入れておきましょう。

記事下 related-link上

スポンサーリンク