イマイチ知られてないカブのスクーター型 ビジネススクーター3種類

125ccクラスで、ちょっと違う存在

ビジネススクーター

スーパー カブのような用途のスクーターのやつといえる、実用スクーター

ベンリィ110 プロ

仕事に、配達に、遊びに、、幅広く使えそうで、こっちも気になる

今でも販売中の3種類を集めて紹介。

使い方によっては、楽しめそうで、こっちも買うときに選択にいれるのはどうでしょう。

スポンサーリンク

スクーターは走るだけじゃない 実用、丈夫なやつもイイ

ホンダのカブも、実用だけどレジャーや趣味に広く使われ伝説になっている。

スクーターもビジネス用はあまり、カブほどカスタムや趣味のベースにならないけど、
重心、車高が低くて乗りやすく、十分な積載量がものをいう。

このへんバイクは、耐久性の高さと荷物の積載がウリ、5万キロは普通に走ってあたりまえ。
その代わりに値段が少し高め

ホンダ ベンリィ110

ベンリィといえば、昔ながらのバイクのスタイルだったが、

このネームは、実用スクーターに引き継がれました。

ホンダ ベンリィ110

シートが低く、足元も広く、重心が低いので荷物走行がしやすい
実用タイプのスクーター

主要スペック

車種 ホンダ
ベンリィ110
重量 110kg
シート高  710
出力   7.9PS
 タイヤ  前後10インチ
 キャブ,FI FI
 燃料タンク 10L
 価格 232,200円

 

荷台の積載が30kgまでOK
実用バイクだけに、タンクが10L 低速などで力強い。

荷物を積んで

重い荷物を積んでも走れるようにつくられている。
それと、荷物の積載が大きくできるようになっている。

ベンリィ110 プロ

後ろにボックスを積んだ方がしっくりくるスタイルですねぇ~

ベンリィ110 ボックス

実用重視なので、速いスピードで流すより、低、中速で強い

スーパーカブのスクーター版のような位置付けのバイクですよね、プロの種類があるのも同じ。

ベンリィ歴代

1990年ごろまでは、クラッシックタイプ

1960年代から続いたモデルで、ベンリィといえばこのスタイルだったの

CD125

cd125

ベンリィ CD 50s、90s

90s

1990年代まで、カブ系のエンジンで50ccや90ccのクラスがあって、モンキーのような実用、クラッシックとして販売されていた。。

ヤマハ GEAR

ビジネス ヤマハのギアー 50cc これも結構見かけますよね。 ヤマハ ギアー

これは50ccだけしかありません

新聞や配達でも、今はスクーターのGearも走っている。
ヤマハといえば カブに対抗した2サイクル mate(メイト)があったけど・・

ビジネス用で丈夫だけど、これはエンジンが水冷

主要スペック

車種 ヤマハ
Gear 50cc
重量 98kg
シート高  715
出力  4.3PS
タイヤ F12,R10インチ
キャブ,FI FI
燃料タンク  7.5L
価格 226,800円

やっぱり原付の方が需要が多いのか、ベンリィ110より台数が多いみたいです。

カブのスクーター版に

車高も低く、前後の荷台がしっかりして、堅牢な感じは、カブのスクーター版です。

ギアー ビジネス用装備

2サイクルエンジンから4サイクルになり、実用車としてカブに取って代われる。

カブは趣味でも乗られてカスタムされているが、実用スクーターはそういう方向には、人気がないみたい。

意外とこれからカスタムで人気がでるかも

125ccのクラスがなく、50ccだけしかない。値段は110のベンリィと同等。

sym シティコム と ComBiz125

同じ用途で、台湾SYM社からのスクーター

combiz1225

ベンリィと同じ路線ですが。。こちらの方が、大きくて丈夫

足もとのスペースが広い!

sym シティコム125

以前は シティコム125で国内販売していたSYMですが、一時日本販売がなくなり

代わってComBiz125が販売になりました。車体は同様

キャブレターに変わったり値段が安くなったりと、少しマイナーチェンジしているようですが、同様のバイク。

後ろのシートがめくれて立つ。すると荷台スペースに。。

combiz125 ride

足元のフロアもかなり広い。

主要スペック

FIからキャブレターに代わり先祖返り(今どき珍しい!) 値段が安くなった。

SYM combiz125 と ベンリィ110 比較
主要仕様 SYM
Combiz125
HONDA
ベンリィ110
シート高 740mm 710mm
重量(kg) 118kg 110kg
最高出力 10.2PS 7.9
タイヤ  F10,R10インチ F10,R10インチ
キャブ,FI キャブ FI
燃料タンク 5.5L 10L
価格 22-3万円程度 232,200円

キックスタートがついている。

キャブ式の方が、電子噴射(FI)よりもトラブルが少ないと聞きます。
ビジネス車両は、かなりの耐久性が必要なので、コストダウンもかねてキャブレター復活だろうか。。

 

ベンリィ110よりも、荷物がつめて力強いですが、台湾車なので、品質の面ではベンリィが安心でしょう。

combiz125 荷物

全般にベンリィ110よりも長くて大きく、安定、剛性も高く、性能はSYMの方が良いようです。

これも、リアにボックスを積んでカスタムすると自分流にかっこよくなりそう。

シティコムというネームでしたが、一時なくなって、今は ComBiz125 としてsym日本販売になっています。

昔は、ビールの配達とかこういうので配達されてたけど、、今は見かけないなあ。足元にビールのケースがドンとおける^^

ベンリィとともに、重心が低めでシートも低め。

乗りやすく、荷物を載せて運びやすくなっているスクーターです。

まとめ

カブのスクーター版のような、実用のこのタイプのバイクは125でもうこの2種類だけになってしまった。50ccでは ヤマハのgear

重心が低くて、シートも低くて乗りやすいです。
でも、高速走行は得意でなく、重い荷物に耐えて力強く走れるので、用途が広い。

実用に、メットインスペースよりも、荷台を積みやすくしているのが特徴

使い方とカスタム、改良しだいで広ろがるバイクになりそうです。

  1. 釣りとか、
  2. キャンプとか、実用レジャーにも、
  3. リアボックスとかうまく合うようにカスタム
  4. 普段の足に

好きな人には、何かそそるものがある・・
車で言うなら軽トラのように使えて、普段の足にも、ワクワク感を感じるバイク。

記事下 related-link上

スポンサーリンク