SYM日本から撤退、エムズ商会のうわさについて

2019/05/01

2018年からうわさが流れています。

2018年の中頃よりこんなうわさがでていたのは耳にしていましたが・・・

でも、新車も部品も 変わらず 販売していたし、気に留めていませんでしたが、
これからsymのバイクを買う、持つにあたって、考えておく必要がありそうなので、まとめて書いておきます

うわさの内容

  • エムズ商会(日本のSYM総代理店)が取り扱いをやめてしまう
  • SYM社が日本から撤退するかも

こういう内容について

日本からSYMが撤退のうわさ

うわさは、

「SYMの日本での販売が不振なので、もう日本では部品も買えなくなるぞ」

という内容


実際にSYMのバイクの日本国内の販売は最近だんだんと不振になっていたのは事実、

SYMを取り扱うバイク店(代理店)が取り扱いをやめてしまい、全国で減っているのは確かです

2019年に入っても、新車も部品も販売してて普通に買えていたので、それほど気に留めることもないかと思っていたが、
やはり 「注意しておくべき」 なのは確かでしょう

SYMの日本の総代理店が「エムズ商会」で、ここが国内のSYM販売の拠点のようなもの。
2017年から販売が不振なことを公表していた。

スポンサーリンク

公式の情報は

うわさ話はあやしいウソもよく混じっているので公式で確かな情報を知るのが先決なのは間違いないのですが、

こういう撤退や取りやめ、に関しては

 不安に思った人が直接問い合わせても
「大丈夫ですよ」という回答になるのが常なのも確か

そしてある日突然、「一切の取り扱いをやめました」 と発表があるのはよく起こることだから。。

だからうわさだからと、見過ごすわかにもいきません。

SYM社が撤退といういい方のうわさもありますが

実際の様子はどうか

実際にSYMのバイクは日本で販売が不振なことは確かで
全国にあったSYMバイクを取り扱うバイク店(SYM代理店)も年々数を減らしてしまいSYMのバイクはもう取り扱わないところが増えている

ぼくの近くの2件あったSYM代理店のバイク屋も、3年前に1店、その後もう1店も取り扱いをやめてしまった。

SYMバイク販売状況が不振なのは事実です

撤退するというのは

撤退というけれど・・

SYM社が撤退する という表現は不正確で

バイクメーカーのSYM社は健在です。


ヨーロッパが主力市場のようで、本体の会社がどうなるという問題ではない
(自動車のローバーは本社が破たんしたけどね)

日本での販売、サービスを担っている「エムズ商会」が
SYMバイクの取り扱いをやめるかも という話です

SYMバイクの購入はこれから注意


総代理店がなくなるかもというのは、ユーザーにとって大きな問題です

SYMのバイクは好きだったのですが、状況がいろいろ変わる中で安易におすすめできない状況です。

「エムズ商会」が万一SYM取り扱いから撤退したらどうなるか

エムズ商会が
日本で唯一の SYMのバイクの総代理店です。

そこが取り扱いを一切やめた場合は

  • 部品等の入手が困難になるのと、販売、修理等のサービスがこれまでのように加盟のバイク店で受けられなくなる可能性。
  • 代わりの代理店を引き受けるところがあれば、新しくそこがサポートしてくれますが、なければ状況は厳しくなるのは間違いない

SYMが直接来るかも という話

変わってサポートする代理店がなくなれば、

「SYMジャパン」 として

直営店が来る可能性はありますが、大した期待はできないでしょう
販売、保守は持続できる程度のサポートといったものかもしれない。
(台湾キムコも似たような状況になっているし)

SYMの部品の入手については?

symRV125ブレーキパッド

国内にストックする総代理店がなくなった場合でも、
SYMが直接日本での部品販売はする可能性はあると思います。
(台湾キムコもこの形で直営店がキムコジャパンとしてサポート)


他に、台湾はすぐ近くなのでどこかの業者などが取り扱うところが出てくるとは思います

パーツ供給 があれば、それほど心配することでもないと私は思っています。
そして、 パーツ供給 は万一撤退してもなんらか必ず出てくるでしょう。

まとめ  SYMが日本で縮小するかも

これから購入を検討する方は


購入するSYM取り扱いのバイク店で、将来のサポートについてはよく質問しておくべきでしょう。

恐らく SYM社から のサポートは国内では何かの形で続くと思われますが

購入したバイク店が SYM販売、サポートをやめてしまう
ということが起こりうる可能性はあるでしょう。

実際には、SYM総代理店エムズ商会が代理店をやめるのか?
というのも今の時点(2019/3月)ではちゃんと継続運営されており
簡単になくなるわけではない

部品の購入については


これも、まず何かの形で今後も国内でのパーツ販売網は維持されると思います。

SYMバイクの国内販売は不振なので、やはり不便になる方向へ向かうと思っておいた方がよいでしょう。
品質も昔よりだいぶ上がってきて新型車種等も出てきたのに残念な方向だとは思います

いずれも、うわさの段階の内容から考えてみた結果ですが

購入後も販売、修理、保守のサポートが必要なのが車、バイクなのでやはりいくつか今後の状況の悪い方向のケースも勘定にいれて備えておいた方がよいでしょう。


記事下 related-link上

スポンサーリンク