小型バイク(原付2種)の区分(125バイクは原付?)

2017/04/12

小型(125cc)バイクは原付か?

原付とは原動機付自転車の略称で 50ccバイクをさします。

RV125

バイク=オートバイは

道交法の用語では 2種類区別されています

一般に使われる 用語の解説

  1. 原付き、原付き2種、
  2. 小型、普通、大型自動二輪

原付きと自動二輪

= 原付き(原動機付自転車) :原動機(エンジン)が付ついた自転車
= 自動二輪 : 自動で走る二輪

125ccのクラスのオートバイは 二重制度の中に挟まれています

  1. 免許制度では 小型自動二輪 で その免許が必要
  2. 登録や管理になると 原付に入り 原付2種と 呼ばれる。

これ以上になる 自動二輪からは

  1. 免許制度では  普通、大型自動二輪で
  2. 登録や管理は  陸運局

になります。

つまり 125ccクラスのバイクは

  • 免許制度では 自動二輪
  • 管理上は(市役所、役場管理)の 原付 となり 区分で原付2種と呼ばれます。

妙に行政の管理と 免許制度の間に挟まれたバイクなのです。

だから呼び方も

  1. 排気量で  125ccクラス
  2. 免許制度で 小型自動二輪
  3. 登録管理で 原付二種

と呼べます。同じ125クラスを指すが、これらの呼び方は、一般にも、ネット上でも使われてる。

スポンサーリンク

登録では原付に近い125cc(小型二輪)

登録は原付50ccと同様
自賠責などの保険も原付50ccと同様
登録場所も市役所、役場で、50ccと同様

ミニバイク特約では 125cc以下のバイクは 全部同じ扱い。

免許では自動二輪な125cc(小型二輪)

免許制度では自動二輪です。実地試験がある。
原付のようにペーパー試験だけ、車の免許に付いてくる訳でなく、実地試験があります。
ほとんどの人が教習所でとるようです。

道に出ると自動二輪の扱いで、制限速度も250ccなどと同じ60km
違いは高速道路に乗れない程度の差。

妙に2重の制度に挟まれています。

記事下 related-link上

スポンサーリンク