だけど好きな RV125

2016/05/27

初期型のRV君 これまで整備して乗ってきたけど、やっぱり好きです。

ここまでRV125に乗ってみて

 

RV125jp

理由は、乗っているいると意味もなく楽しい!
走っているだけで気分がなぜかいい。

バイクの魅力をきめるのは、難しいけど

  •  便利
  •  持っていると楽しい
  •  乗って楽しい

便利なバイクでも、所有していて楽しいか というと話は別

スポンサーリンク

魅力は

RV君 車体が大柄でクルージング向きの安定感のせいか、ちょっと出かけても、ついでにあっちまで回ろう
と思って乗り続けたくなることがよくありました。

安定とスムーズなエンジン、大きなフロントシールドなどのせいか、10km、20kmの距離は簡単に走ります。
このへんが50cc原付と格段の差

足として使っても50ccの感覚とはかけ離れた乗り心地。
高速域でも安定がその理由なのかな。(あくまで125としてはですね、その安定も)

ちょっとコンピニまでには大げさ(近所は自転車使います)

でも250ほど取り回しが面倒でないので、
わりとチョイノリ感覚で250に近づいたスピード走りができるのが大きな魅力。

ただスロットルひねるだけのバイクなんて、と思っていましたがスクーターにしかない、この車体にしかないおもしろさもあるんですね。
これは125ccにしかない、スクーターのこのタイプのバイクにしかない特徴を発見した気持ちです。

しかし・・
田舎の道路の早い流れにスムーズに乗るには、125ccではちょっと足りないなぁ
65kmぐらいで走ると、エンジンがちょっと回りすぎに感じる。
排気量の限界だけは

買い換えで170ccのRV君に乗りたくなる気持ちがわかります。これでエンジンだけ170ccになっているRV200君はもっと楽しいだろうなぁ

125・・せめて150cc欲しいです。

記事下 related-link上

スポンサーリンク