バイクでお遍路・スカイライン越え、足摺は遠い

2016/07/06

6時に起きて朝ご飯食べて出発。荷物の整理に時間かかる。バッグを足フロア根本に縛り、ビニール袋かけて
やっぱりリアボックスはツーリングには欲しい装備。

高知県は広い

雲行きが怪しく、薄暗い小雨は降るがカッパはなんとか不要で今日も旅立ちです。

街はずれの

33番雪渓寺

33sey.jpg

始まりに雨だと沈むなあ。
鐘をつく。お寺で勝手に鐘をつくのも躊躇したのは最初のころ。
お寺はお参りのはじめに鐘をついてもいいのです(ダメなところもあり、場所により注意書きあり)

控えめに ゴーン とつくと気分も上がる。

スポンサーリンク

広い高知県を走る

ちょっと沈みがちな天気の本日。割と楽しめた高知市街 周辺の行きやすいお寺はこのへんで終わり、ここからまた道が大変。
ツーリングは好きな道を気ままに走れるが、これは目的への定められた道を行かねばならない、
そこを走破していくバイク旅みたいなもの。

都市に向かって来た高知まで、ここからたんぼの間の田舎道に向かっていく。

種間寺を打ったら 清滝寺まであじさいロードです。

ajiRd1.jpg
午前中は幸い天気がもってれくました。
今は陰鬱な梅雨時、雨もしょうがない、

その時に一番花咲かすものもあるのです。暗い天気の中、楽しめる道。
この道がずーっと続く。

おお、人がいっぱいいて、あじさい祭り だそうです。なんなのそれ?
ajiRd2.jpg

高知中心を終えたあとは、また長い国道疾走ロードになる。
まっすぐ国道をひたすら行く、足摺岬を目指す疾走にまたなりますが、その前に清瀧寺へも長い。

清滝寺

kiyo1.jpg
階段を上がって門をくぐる、清い滝があるお寺です。

36番清滝寺

36sei.jpg

このあたりから高知県はやっぱり広いことを思い知らされる。

mapsky.jpg

スカイラインを延々と走る。このスカイラインがアップダウンがはけしく長い道のり。

長い道のり、ワインディングもここまであると楽しむ余裕も無くなってくる。綺麗な道なんだけど海岸線を行き、そこから行けども行けども続く山の登り下り。
こういうとき、排気量小さいと弱いです。

そんな道でも必ず 歩き遍路さん を見かけます。

こんな道のりを歩いて行くのに頭が下がります。高知県は途方もなく長い道のりなことでしょう、通り過ぎるとき合掌(心の中で)
そう思えば、こんな長い坂道ぐらいバイクがガソリンで登るのでたいしたことない、ない。

雨の中を疾走

途中に雨が降ってきて、降りが強くなってたまらず道脇の木陰の下でカッパを着る。
ひときわ寂しさを感じるとき・・そして、ま~当たらん天気予報。

強い雨になりそうなので、グラブカバーに、膝下にはマチを巻く。
梅雨時は特に予報が難しいとか・・さらに広く移動するので、どの県と地方の予報を信じて良いかもわからない。

高知のスカイラインは長い、このへんで登りは終わりかな? とエンジン切って滑走するとそのまま下までいける。
降りてしばらくでガソリンスタンド発見。
7Lちょっと給油。これは8,5入り、34km/Lぐらい、毎日給油している。1日200km弱は走っているかな。

天気のせいも手伝ってか、ここまででも長い、そして高知は広い
スカイラインを抜けても、さらに、ここからまた国道疾走ロードです。

map2.jpg
地図では四国が小さい・・

降りが激しくなってきて、カッパの曲面にどんどん水がたまる

ここから、これから あしずり=足摺岬(土佐清水)まで・・・

雨の中、貫通するしずくの木陰の下で、この行く先の地図見てると、疲れ倍増

実際の高知は広すぎる・・

記事下 related-link上

スポンサーリンク