バイクのヘッドライトのLED化③

公開日: : 最終更新日:2016/07/04 整備とメンテ(-電気系統) , , , ,

ヘッドライトのLED化、改良と調節の日々。
まだまだ続き来ます。

今はキットでLED球のヘッドライトバルブがあるが、なかなか満足いくような明るさ性能のものはないようです。

その理由がよくわかる

バイクのLED ヘッドライトの明るさとは?

Low 3W High 6W でいってみた訳ですが

ledplate1.jpg

ライトだけの点灯試験で人とに見せてみると、これなら十分いけるんじゃない とテスト中のLEDのライト見た人はみんないう。

確かに、ライトとしてはものすごく明るいのだ!

止まっているときは十分明るいと思うのです、でも走り出すと暗い。街頭の無い広い道では特に感じる明るさが違う。

ヘッドライトに求められる明るさ

車、バイクに求められるヘッドライトの明るさというものがわかりました!

どういうことなのか というと

止まっているとき、歩くとき、走るときで求められる明るさは全然違うものということがわかりました。
散歩や歩きでこの明るさなら、明るすぎるぐらいなのは間違いない。

バイクで走り出すと、
見る視点というのがまるで違う。速度をを出すほど遠くを見ていることに気づきます。

スピード出すと、できるだけ先の障害物をみつけ素早く対処しないと間に合わないので無意識に遠くを見ていることになります。
でないと、発見が遅れブレーキなどが遅れると大変。教習所で教わる理論のようですが、今更ながら実感しました。

スピードとライトの明るさ

つまり、スピード出すほど遠く先まで照らすライトが必要だということ。
止まっている明るさは、走っている明るさとはまるで違うと感じること。

遠くまで照らす光源が必要なので、いくらLEDの数を増やしてもヘッドライトには物足りないことになる。

明るいですが、ヘッドランプとしては完全に足りない。
LED6Wroad1.jpg とりあえずバイクに取り付け点灯

写真ではかなり暗く写りますが、実際にはもう少し明るい。
伝わりにくいが、正面方向が暗いのがわかります。

止まっているとまあまあ明るい、でもスピード出すほどに怖い。とくにまっすぐな直線道では

結論 LEDの光量アップが必要

スポンサーリンク

関連記事

発電不良 その1

こんどはバッテリーがあがった。 発電が不良のようです。 新しいバッテリーのはずが上がってます

記事を読む

台湾yuasaバッテリーに交換

ついに前のバッテリーが上がった。 前のは3年ぐらいしか持たなかった。それもそのはず、バッテリーを2

記事を読む

バッテリーのメンテ(長持ちさせるために)

バッテリーは使って、弱くなってきたら、または上がってしまったら充電したらいいと思っていると バ

記事を読む

オプティメイト4 バッテリー充電 方法と使い方

冬の間乗らなかったバイクのバッテリーが上がってしまった。 冬の初め 3ヶ月前には充電してあったのに

記事を読む

車,バイクのバッテリーについて

知っておいた方がよい、バッテリーの知識。 バッテリーもいろいろと進化しています。 バッテリー

記事を読む

バイクのヘッドライトのLED化②

LED化するにあたり。 Lowは、反射板上側にLEDを配置して当てる。Highは、上下にLED

記事を読む

セルモーター

セルが回らない故障1(検査)

原因を調べて、テストして修理すれば直ったので、その手順や方法について セルが回らない故障の修理記

記事を読む

no image

発電不良とライト

発電トラブル後、LEDライトにしましたがこのときに他にも影響がでました。 発電不良 そのあと 常

記事を読む

スカイウェイブ バッテリー交換| yuasaバッテリー

バッテリーをまた購入しました。 弱ったバッテリーの交換、 ちょっと変わったところにバッテリー

記事を読む

 
さび付いた折れ込みボルト
折込んだボルト | さび付いて固着している場合

整備でネジの頭をネジ切ったときの対処3 中に入り込んでしまったボルト

rv125-fview
復活メンテナンス RV125jp

さて、ずっと乗り続けているRV125jp 以前は街でも見かけたこ

ワコーズ スーパーハード
樹脂の白化を防ぐ | ワコーズスーパーハード VS 黒樹脂復活剤

  新しくワコーズの樹脂保護剤 スーパーハードを試して

新品Vベルト
Vベルトとスライドピースの交換

RV125 以前 早めに交換したVベルトが切れて旧品の取り置きに戻し

ラジエターカバー
ラジエターを覆う改良 | RV125

冬のためにRV125のちょっとした手入れをしました。 ラジエター

→もっと見る


  • -
PAGE TOP ↑