スカイウェイブ バッテリー交換| yuasaバッテリー

2016/05/14

バッテリーをまた購入しました。

弱ったバッテリーの交換、
ちょっと変わったところにバッテリーがあるスカイウエイブのバッテリー交換。

バッテリーの交換

同じバッテリーをまた購入しました。
安くて早いのでいつものアマゾン。いつもの台湾バッテリー

yuasaバッテリー

数カ月前に購入し、交換をしたばかり。

今度はのバッテリーはスカブ君に。偶然にもRV125とまた同じバッテリー。

スカイウェイブ400の方はあまり乗らず、充電もしてなかったので上がった・・
バッテリーが上がってから気をつけて充電し始めたが、やっぱり弱くなったで寿命も短くなり交換することに。

スポンサーリンク

スカイウエイブのバッテリー

スカイウエイブのバッテリーは密閉型です。

さて、いつものように、いつもの充電器で新品だけど取り付け前に充電
寿命のためにも、最初に充電したほうがよい(取説にも書いてある)

専用の充電器が必要

新品バッテリー充電

取り外し

スカイウェイブ 400ccというのに RV125と同じ小さいバッテリー。。
かなり電子制御ばっかりなので電気も喰うはずなのに小さい。

そして、、スカイウエイブのバッテリーは、シート外してもどこにもない!
実はスカブ君、実はバッテリーが前部のダッシュボードをパカっと開けた奥にある。

skywaveダッシュボード

バイクにダッシュボードがある、、、その中にバッテリーって(^^;

多分、広大なメットインスペースに場所を奪われ、前に持っていったので仕方なく小さいバッリーになったんでしょう。

skywaveダッシュボード内部

シート下の広大なメットインスペースに加え、フロントのダッシュボードもスカイウエイブの”売り”です

バッテリーは小型でも重い、それを前部の片側だけにつけたらハンドルのバランスおかしくなりそうに思うけど、あまり感じない。
作る人大変そう いろいろ作る方は工夫してる。

バッテリー交換

バッテリーの交換は、+-につながっている端子を外し、付け替えるだけ。
端子はマイナスから先に外し、そのあと+
つけるときは +端子からつなぎます。

ダッシュボードからひっ張りだして、交換できるので、バッテリー交換は楽だ
と思うが、かなりぎりぎりのスペースで作業が細かくコツがいる。

skywaveバッテリー位置

バッテリー充電器のオプティメイト4につなげる付属の端子を付けてあります。

これがあると、パチィと差し込むだけで充電できるのが便利。

optimate4conecter

オプティメイト4に付属してきたが、端子にキャップが付いているのがイイ。いつもはどこかに忍ばせておいて、充電時につなぐ。
付属の端子は別売り品もあるので、2台以上あるときは この端子を常にバッテリーにつないでおくと充電が楽なのでマメに充電しようという気になれる。

同じバッテリーを数ヶ月で二度も買うとは思わなかった。(*以前の記事-関連記事 台湾yuasaバッテリーに交換 を参照)
安いので負担にはならないけど、今度はまめに充電して長持ちさせよう。

記事下 related-link上

スポンサーリンク