ヤマハ シグナス125

2016/08/03

ロングセラーのヤマハのスポーツスクーター

ロングセラーのyamaha シグナスX125

125ではアドレス125と並んでロングセラーの古株バイクです。

新型発売

yamaha sygnus x sr125

もう20年ぐらいになるかなぁ でも初期型とはかなり変更されているけど、
まだまだ進化している。

今では ホンダPCX、Dio アドレス110 や ヤマハNMAXと

次々新型が出て、影が薄くなった感はありますが、ほかのバイクにない個性で今でも新型が出て販売され続けている。

スポンサーリンク

新型シグナス125各部

他のスクーターにないところがありますよ。

 

フラットシート

スクーターの特徴の このフラットシートは大きい!

フラットシートはとても便利です。足元が自由で、荷物も置けてヒョイっと乗れる。
一度便利さを味わうと重要ポイントになる。

sygnus-floor

今は、メットインの容量UPで、ガソリンタンクが、足の方に押しやられ、フラットシートにするのが難しい・・

シグナスは足元のスペースが狭めですが、それでもフラット。

 

シンプルな空冷エンジン

エンジンの高性能化で、面倒な水冷エンジンが増えているが、
トラブルやメンテも少ない空冷で4バルブのエンジン

トラブルになりにくい空冷でいながら、4バルブは安定志向です。

 

2016年に発売された、
同じヤマハの新型 NMAX125に新しく使われた可変バルブの新エンジン:ブルーコア

このシグナスにも将来搭載されるのを待つ、という人もいるようですが・・

ふつうに考えて シグナスのエンジンは将来もシグナスのままだと思います。

エンジンを変えると別のバイクになるので、
するとシグナスの持ち味が薄くなるので、持ち味違う同エンジン積んだ別バイクがいくつも販売される可能性は薄いでしょう。

NMAX150の登場待ちも同様なところ。。

マジェスティ150があるので
NMAX150が登場すると、2種類も150のラインナップを持ち続けるのは難しいと思います。
発売されると、たぶんどちらか1つになるでしょう。

 

メットイン

メットインスペースもあるよ

sygnus x sr125-metin

 

LEDのライト

灯火類もLEDに。

sygnus x sr125-rier
ヘッドライトは違うけど、リアLED仕様。

sygnus x sr125-headlight

デザインもエッジがついて、スタイリッシュ。

ブレーキ類

前後ディスクブレーキ

sygnus x sr125-brake

スポーツ性を意識してディスクブレーキが前後に
フロントは円盤でなくて、デザイン意識したフロントは制動力大きめのディスク

リアぐらいディスクでなくてもいい・・って思うんだけど、しっかりリアもディスクブレーキ。

便利さとスポーツ性の両方

同じスタイルの、ホンダDio110、アドレス110などのバイクはスポーツ性に劣るけど、

メットイン&フラットシートの便利さと、走りのスポーツ性の楽しみの 両方楽しい!

front

 

新しく新型となったシグナス

燃費は今の40km/L いくのが多いバイクと比べると劣るけど、燃費やスタイルの改善

メーター周り

メーターパネル類も、針式メーターとデジタルの両方がバランスよくデザインされて、
落ち着いたパネル周り

yamaha sygnus x sr125-meter

回転数計もある。スクーターにはなくてもいいんだけど、スポーツタイプならタコメーターはいいぜ。
今の主流の2つ目ライトに対して、球が2ついらない1つ目なのもイイ。

sygnus x sr125-headlight

この辺のバイクを買うユーザのことわかってそー って思ってしまう。

最近は、デジタルに派手に、またはコックピット系のガンダムチックなデジタルな装飾のパネルが多い、

このクラスの用途のバイクは、飽きの来ないアナログ味のが安心できるように思います。

シグナスは作りもしっかり

30万円台バイクなので、最近の価格低下で作られたバイクより、ペラさを感じなくてしっかりした感じが好感です。

所有感の良さにもポイントアップですね。

この辺はアドレス110や通勤、普段の足をしたバイクよりも違いがあると思います。。
20万円強の価格帯のバイクとは、違う。(違って当然だけど)

address110-sideView

実際、乗ったり見比べるとわかるけど、各部のつくりがしっかりしていて、足回りも頼もしい。

それでいて、価格もPCXより抑えられていて、魅力はしっかりあります。

sygnus x sr125-brake このブレーキは多分、マジェ150と共通

4、5年ほどまでまでの、SYM RV125系は、一時人気を得たけど、円安の価格UPと、
日本メーカーの125に力を入れた新型攻勢に、影が薄くなった(悲しい!)

でもシグナスは今でもよく見かけます。

底力のある、長く乗れる、乗りたいバイクでしょうね。

このモデルチェンジに合わせて、YAMAHA BW'S125も新しく。

BW'S125

もう数少ない系列のバイク

勝手に分類するんですが・・

この系列のバイク、つまり メットイン&フラットシートの便利さと、走りのスポーツ性の楽しみ

このタイプのバイクはもう2種類ぐらいでしょう

SYMのRV125か、ヤマハ シグナスX になるでしょうね

rv125i

乗車姿勢やスタイルが違うので、比べるのが難しいけど、

影が薄くなっているシグナスやRV125には、独自の良さがあります。
(たぶん、そういう人が乗り続けるんでしょうけど)

yamaha sygnus x sr125

スカイウエイブ400も乗ってるけど、ビッグスクーターみたいな方向に進む今の新型に対して。。

skywaveとRV125

skywaveとRV125

やっぱり、ビッグスクーターはビグスクで、、125を延長して代用できるもんではない。

こういう125バイクの良いところは
通勤にも、普段の足にも、ツーリングにも全部に便利っていう何かなんだけど。

PCXが人気を独占して、さらに ヤマハがNMAXを出してきて・・

シグナスのタイプのバイクは、派手さはないけど、気に入る人にはいいもんですよ。。。
流行や派手さに捕らわれない魅力っていうか・・

うん そうそう! (乗り続けている人の 相づちが聞こえる・・)

新型に目移りしてないで、、

一度 試乗してみてあってるかどうか 自分に聞いてみてはどう??

記事下 related-link上

スポンサーリンク