スクーター タイヤ選び | 銘柄

公開日: : 最終更新日:2016/11/13 整備とメンテ(-足回り) ,

リアタイヤがそろそろ交換時期なのでタイヤ選び

”タイヤはエンジンより重要かもしれない”

というCMコピーがありましたが、タイヤは車にとってとても重要。

タイヤを変えると乗り心地が全く変わってしまうことがあります。
低性能から高級タイヤに替えたら実感することがある。

タイヤ1つで、バイクの性能の乗り心地の良さも吹き飛ぶことがあるので、そういう意味でもタイヤ選びは慎重に。

スクーターのタイヤ選び

リアタイヤがそろそろ交換時期なのでタイヤ選び

タイヤも値段と性能でいくつか選択があるので考えてしまう・・
定番があるので、定番にしておこうか・・

交換前タイヤ

まだ溝はあるけど、もう硬化してひび割れも見つかり、乗り心地が悪くなってきたので交換です。

どういう状態でタイヤは寿命か? 交換を考えるべきか?
どういうタイヤにする? の選択です。

タイヤの交換時期

普通、溝がなくなったら交換のときと考えますが、

年月でタイヤにひび割れが出た時

摩耗タイヤ

アップの写真だけど、わかりにくいですが。。

タイヤはゴムのクッションが役割なので、年月たつと硬化していきます。
すると小さなひび割れがタイヤのサイドにでるようになる。

これが一応の交換の時期(溝が十分あってもダメ)

ゴムのクッション性がなくなり、乗り心地も固くなる。

溝が減ったのと同様にタイヤの性能がでなくなります。
そこまでに、およそ5,6年です(距離を走ってなくても)

タイヤの溝が減ったとき

タイヤの溝が減ったら交換なのは常識。

すり減ったタイヤ

これだと頑張ればまだ溝の深さはいけそうですが。

溝の深さがおよそ2ミリ以下になったらそろそろ

そこまでにおよそ

  1. 1万km~(後輪)
  2. 1.5万km(前輪)

前輪の方が持ちがよいのです。

交換前のタイヤ

溝はあるけど、サイドに細かいヒビ割れがでて、乗り心地もかなり固くなってきた。
(サスペンションが固くなったかと思う様な乗り心地)

以前のフロントのタイヤ Dunlop SX01

これがいわば万能なタイヤ銘柄だったがもう廃盤になった

まずは
このあたりから選んでおけばという無難なタイヤ

主要なおすすめの銘柄

2輪は、転倒の危険があるので、
できればブランドメーカーにしたい。(そういう方針 値段も千円~2千円ぐらいしか違わないし)

もともとついているタイヤは、今の純正タイヤは性能が劣るのも多いようです。

タイヤの性能や銘柄を気にしてない人も
一度、定番の銘柄タイヤを付けてみて、比べてみるとよいでしょう。

このへんから選んでおけばまあ間違いないという銘柄です。(スクーター用でなくても)

Duro 廉価版タイヤ

台湾製のDuro 有名メーカーより安く品質もまずまずと廉価版として広まっているメーカー

 

安いので信用してなかったが。。
日本以外のアジアのタイヤメーカーって、低く見られる傾向があるけど、、

日本タイヤメーカーの技術協力を受けて、ISO-14000も取得しているそう。
普段乗りなら選択としてはお安くてよさそうです。

タイヤ選びは人それぞれですが、通勤や通学が主ならこういうので十分でしょう

スピードコーナーも倒してちょっとスクーターで楽しみたいと思っているならちょっと上のがおすすめです。
値段も千円~2千円ぐらいしか違わないし。

DUNLOP ランスクート D307

D307 全般に一般的なタイヤとして、かなり普通に選ばれるタイヤだと思います。

定番のシリーズですね。

バイク屋さんで

「 普通のタイヤにして 」

というと たぶんこれなるタイヤ

 

全般に雨、晴れ、乗り心地 全般に向いてるタイヤ

一番 無難な全般のスクーター用性能UPタイヤでしょう。

DUNLOP スクートスマート

おなじ DUNLOP です

 

廃盤になった、SCOOTLINE SX01の後継商品みたいです。

ランスクート D307よりサイズが広い、太めのタイヤサイズがあります。

ドライ、ウエット路面や乗り心地の全般に良好なタイヤで
主にビッグスクーターに使われるタイヤです。

(新型のYANAHA NMAX125もこういうのが純正でついているみたいー手抜きがない)

ブリヂストン HOOP

スクーターには有名なフープ

ハイグリップ系のたぶん定番でしょう。

タイヤのパターンがカッコイイのです!

 

グリップの良さや雨の日の滑りにくさで評判が良いですが、摩耗が他より少し早いと思います。
走った感じがいい、振動とかがへる、摩耗が少し早い、雨の日の濡れ面にも強い

経済性には他より劣るが、走り、濡れた路面に強い、乗り心地などを求めるならこれがいい。

そういうぶんだけ、ちょっとだけワンランクUP↑ という系統のタイヤかも

タイヤを気にしたことない人なら、一度これに変えてみると

乗り心地がタイヤで変わる のをハッキリ実感できると思うタイヤです。
(その差は、履いていた現行のタイヤにもよります)

選んだタイヤ

スクートスマートにした。

D307ではサイズがなかったのと、SCOOTLINE SX01 を付けてるのでこの後続らしい銘柄に。

スクートスマート

RV125jpは、重さもあってビッグスクーター並みの太いサイズ 130/70-12(後輪) が標準です。

Dunlop_cootsmart2

こうやってみると、12インチだけど太くて大きく、頼もしい!
PCXのタイヤと比べたら、頼もしさに違いを感じる。

パターンも割とかっこイイ(^^

この太い重厚な安定感が気にいっているので、一つ細く120/70-12 にせずに、
そのまま130にしました。

タイヤのサイズや形状については、下を参照

>バイクのタイヤの種類とサイズ

以前のタイヤはもう、6年ぐらい、距離八千ぐらいで多少、溝は残っているけど、ひび割れが出て硬化もしているので、もはや乗り心地が固くて悪い。
十分長持ちした。

あたらしいタイヤで乗り心地が復活!

タイヤ選びの結論

ほかにもTT系などいくつかありますが、あんまし、レース系、コーナーを必死に走るというのでなければ この辺から選べば十分だと思います。

おすすめタイヤを挙げておいて、こういう結論も言いにくいのですが、

この銘柄なら、普通に走るなら、

たぶん、どれを付けても慣れたら体感はたいして変わらないと思う。(台湾Duroは知らないので除く)

安物タイヤからこういのにすると スゴイという驚きがあるけど、、
この主要な銘柄の中の違いはちょっとした違い・・ぐらいだと思う

交換して乗り心地が変わったのを感じることもあるけど、
それは年月でタイヤも硬化、摩耗してるのから 新品に変わるので乗り心地の体感も上がって当然だし・・

タイヤのサイズや太さが目的のタイヤにないことがあるので、一応銘柄で、サイズ等でも選んだら

この定番的な銘柄から選んどけばいけるでしょう。
(特に、雨の日の走りを重視するなら ブリジストンのHoop にしておけば、、)

銘柄にこだわるより、マメに空気圧をチェックした方が良いと思っています。

いいヤツを探すよりも、悪いタイヤに要注意ですよ 二輪は特に!

スポンサーリンク

関連記事

バイクのタイヤ交換について

タイヤの交換の準備 タイヤの交換は、慣れたプロの作業みていると、”自分でもできそう”と思い

記事を読む

フロントフォークオイル交換2

Fフォークオイルの交換 のつづき フロントフォークをまずは取り外した。 続いて、中のフォーク

記事を読む

タイヤ交換 取り外し作業

さて、タイヤ交換の心構えと、必要な工具も紹介したので、いよいよタイヤ交換作業 タイヤ交換 取り外し

記事を読む

ホイール-エアーバルブ

タイヤバルブの交換

  タイヤ交換をするときに、タイヤのバルブも一緒に交換します。 しなく

記事を読む

車,バイクのタイヤの空気圧と点検

空気圧は隠れた重要部分です。点検が大切。 タイヤの銘柄や種類にこだわる人でたまに空気圧ほったら

記事を読む

タイヤ バランス調整

タイヤ交換を終了後に バランス調整を加えました。 ホイールバランスはホイールの重さのムラをなくすの

記事を読む

Rブレーキ取り外し

ブレーキパッド故障、交換 | RV125

突然 リアブレーキがスカスカになった。 まったく手ごたえがなくなった・・・ ムムム 原因

記事を読む

フロントフォークオイルの交換1

時間がたってきたのでFフォークオイルの交換。 ハンドル回りなど前部分はの劣化はゆっくりと沈黙に

記事を読む

タイヤ交換 取り付け作業

タイヤ取り外し作業 に続いて、 次は新タイヤ取り付け作業 タイヤ取り付け ここからがバイク

記事を読む

 
さび付いた折れ込みボルト
折込んだボルト | さび付いて固着している場合

整備でネジの頭をネジ切ったときの対処3 中に入り込んでしまったボルト

rv125-fview
復活メンテナンス RV125jp

さて、ずっと乗り続けているRV125jp 以前は街でも見かけたこ

ワコーズ スーパーハード
樹脂の白化を防ぐ | ワコーズスーパーハード VS 黒樹脂復活剤

  新しくワコーズの樹脂保護剤 スーパーハードを試して

新品Vベルト
Vベルトとスライドピースの交換

RV125 以前 早めに交換したVベルトが切れて旧品の取り置きに戻し

ラジエターカバー
ラジエターを覆う改良 | RV125

冬のためにRV125のちょっとした手入れをしました。 ラジエター

→もっと見る


  • -
PAGE TOP ↑