ビッグスクーターと125スクーター(小型)の違い

400ccのビッグスクーターと125スクーターの両方を持っているわけですが、
その違いについて

skywaveとRV125

skywaveとRV125

125の小型クラスとビッグスクーターを比べたら。。

125スクーターで十分なのか

主流の125はどうなの?

今、125ccクラスが主流で一番ラインナップで種類が多いです。

nmaxNrv125

これは自動車の軽四人気と似ている。

時代を反映していなのか、コンパクト、安価、維持費も安い、それでいて使えるという
小型のものが人気。

125ccの小型クラス(原付2種)は、長所も大きいです。

その話題はこちらを参照
小型(125cc)バイクで満足できる?

ビッグスクーターはやっぱり違うのか?

ビッグスクーターは250以上からそう呼ばれます。

中でも
250cc 400、 大型クラス:500、650cc と上がある。

大き目の125ccのスクーターは、
車体がビッグスクーター並みの車体のものもある。

sym gts125i SYM GT125i

しかし、やっぱり
いくら車体を大きくしても、125クラスは、

ビッグスクーターとは違うものです。

車体だけではビッグスクーターにはなれないし、違うものです。

これは オートバイとして乗り比べた実感

そこには埋められない 大きなミゾ があります。

排気量での違い

小型 中型、車検アリ での区分:

125 | 250 | 400cc 以上

この間には 大きなミゾがある
(絶対そう思う!)

実感するほど、うまい区切りだなあ! と思ってしまう。

125と250を比べると

125と250は エンジンの回り方が違う、道路の流れで常に高回転で回る125ccに対し
ちょうどよい感じで回る250cc

コンパクトさや、普段の足には125の方が便利だけど、

日常の便利な足を少し越えて、オートバイとしてなら
日本の一般道を走るなら、ツーリングまでを含めて、車検もないので

一番ピッタリの大きさだとずっと思っています。

大柄な車に乗ると、体が大きくなったように感じるといいますが、
走り、安定感、余裕でちょうどよいのが250ccのクラス

でも、いったん高速道路に入ると、

余裕がないのを実感させられる(キツい)

 

250と400を比べると

400cc以上になるとエンジンの余裕が違う。

大きな違いは、高速道路を走ったときですが・・

一般道でも、常に力半分の余裕をもって走っている感じ。

車検がある400cc以上のクラスの違いは
バイクに運ばれているような感じ、と 自分でパワーを操っている走行間の違いというのかも。

今は、400cc以上のクラスでも重量が軽くなってので扱いやすいい。

実際、250ccスクーターには、細かい変速モードがついているが、400以上には(ほぼ)付いてない
切り替えでアシストしなくても、排気量のパワーであまり必要がないから。

 

125と400cc以上

この間を乗り比べると

ビッグスクーターというものが何なのか わかる気がする。

その間には 限りなく大きなミゾ があります

  1. 125ccと同じような感覚で運転していると、あっという間に80kmぐらい出ているスピード
  2. 地面を踏みしめてトッシりと走る走行間
  3. 力半分で走る余裕

125クラスと比べると違う乗り物のような貫禄を感じる。

自分の体が大きくなったような気がして、小型車を邪魔にする気持ちがなんとなくわかる・・

リアビューsky400とRV125

 

普段乗りにもイケるビグスク

ビッグスクーターに乗ってみて、大きいから 軽快さがない、フットワーク悪い と思っていたけど、
意外に ”ちょっとコンビニまで” も行けます

駐車スペースに広さがあって、取り回しさえ良ければ、スクーターは重心が低めなので
手軽な足にも予想以上に使えた。

また、距離を走ることが多い通勤(30kmぐらい)なら、250ccよりも400ccの排気量の違いが圧倒的にモノをいます。

  1. その余裕からくる疲労感、快適さ、
  2. 車検がある経費

というのをくらべても、400cc以上をススメたいです。

 

オートバイ乗りなら いつかビッグスクーターに

125ccクラスのスクーターが手軽で乗りやすくブーム、

生活の足としても通勤としても
小型125クラスは1台あるととても便利。

生活に便利な乗り物という枠を越えて

オートバイを楽しむなら一度はビッグスクーターを、とススメたいです。

SKYWAVE400とRV125

手軽な足の小型クラスの125ccもいいけど
それがビッグスクーターの小さいもの と思ってバイクライフを終わるのはもったいない

小型クラスの便利さやフットワークの機動力もいいけど、

またがりバイクとスクーターとは違うものだし、
125スクーターとビッグスクーターもまた違う乗り物。

学生時代に250のレプリカに乗っていた。
その高性能に驚いた!

でも今思えば、同じ車種なら400ccにしておけばよかったと思う
(当時は車種が豊富だった^^)

そうやって徐々に大きなバイクへと移行していくんだけど、、今の年齢でしかできない、楽しめないことがある

せっかくオートバイの世界に足を踏み入れたなら、
スクーターに乗ったなら、

125クラスだけと思わずに、一生に一度は大きな排気量や、ビッグスクーターも味わってほしい。

大きな排気量には、違う世界がきっとあります。

スポンサーリンク

関連記事

sym gts125i

SYM 新発売! JOYMAX125i(旧GTS125i)|VS キムコダウンタウン125i バーグマン)

台湾キムコのダウンタウンだけだった大型125スクーターに SYMからJOYMAX125i 大型スク

記事を読む

ホンダ Dio110

2011年に販売開始になったバイク ホンダが新しいスペックフロント14インチのタイプの125を

記事を読む

no image

スピード違反捕りもの劇

貴重な体験というか、捕り物劇を見物できた! スピード違反のレーダーにかかったバイクが逃走

記事を読む

YBR125

中国生産 ヤマハ社の125バイク 日本でも一部で販売されています。 重慶ヤマハ YBR125

記事を読む

RV125iwhole1

SYM RV125i

大きめ125ccバイクに分類される台湾メーカーのRV125iです。 モデルチェンジを重ね、今は

記事を読む

KDX125

カワサキ KDX125 | オフロード車125

カワサキ KDX125 125ccクラスのオフロードタイプのバイクたち フルサイズ 本格派の

記事を読む

pcx whole

新型PCX125 |2014新発売

2010年 に国内発売され、人気バイクになって、もう町中ではよく見かけるバイクとなったPCX。 新

記事を読む

ADIVAadTre

イタリア 3輪 ADIVA AD Tre

イタリアの3輪スクーター。 独特のデザインとヨーロッパ感覚を感じる作り。 やっぱり一味違

記事を読む

ヤマハ シグナス125

ロングセラーのヤマハのスポーツスクーター ロングセラーのyamaha シグナスX125 12

記事を読む

Dio110 frontview

ホンダ新型Dio110

Dioが2015年にモデルチェンジされて、アップしています。 内容は? 125スクーターでは

記事を読む

 

さび付いた折れ込みボルト
折込んだボルト | さび付いて固着している場合

整備でネジの頭をネジ切ったときの対処3 中に入り込んでしまったボルト

rv125-fview
復活メンテナンス RV125jp

さて、ずっと乗り続けているRV125jp 以前は街でも見かけたこ

ワコーズ スーパーハード
樹脂の白化を防ぐ | ワコーズスーパーハード VS 黒樹脂復活剤

  新しくワコーズの樹脂保護剤 スーパーハードを試して

新品Vベルト
Vベルトとスライドピースの交換

RV125 以前 早めに交換したVベルトが切れて旧品の取り置きに戻し

ラジエターカバー
ラジエターを覆う改良 | RV125

冬のためにRV125のちょっとした手入れをしました。 ラジエター

→もっと見る


  • -
PAGE TOP ↑