バイクと猫との対策

2017/04/12

ノラネコに手を焼いている
せっかくきれいにバイク洗ったら、猫が汚してく

ネコ対策をはじめたけど・・

冬のバイクのシートは猫の寝床

せっかくきれいにバイク洗ったら、すぐあとに猫が汚してく

近所を徘徊するノラネコ、まだまだいる。

いろいろ対策を考えて実行。

猫の足跡

冬になると夜、バイクのシートにネコの足あと

skyb-cat1

猫が夜な夜な寝ている・・

せっかくきれいにバイク洗ったら、すぐあとに猫が汚してく
きれいに拭いてもまた翌朝には、ネコの足あとが・・

skyb-cat2

田舎では、バイクと猫はなぜかセットになる

地方でバイク乗ってると、冬にバイクにネコの足あと見つけること多くないですか?

近所を巡回している猫がいるものだ。
魚の骨を置いておくと、たまにネコとカラスがとりあって対決している。ワイルドな戦いはアフリカのライオンだけではない。。

初めてのバイクを持ったころから、シート上は冬は猫の寝床にされる
またはタンクの上

バイクシートをかけれるのが対策 と思えば、
囲われた環境はもっと居心地が良いようでバイクのエンジンの予熱のぬくもりとカバーにぬくぬくと寝床になるようだ

スポンサーリンク

こまったノラ猫

最初は、怒っていた、

 ”ネコのやろうめ 大事な洗いたてのバイクに 毎日拭いてもキリがない

昔は、拭いても拭いても付いている毎日のネコの足あとに、”いつか捕まえて三味線ににしてやる” なんて思ってたこともあったような。。
が最近は慣れた。

冬の寒さをしのぐのに、猫も必死

足もとフラットのスクーターはいつも猫の寝床になっている
シートを塞げば、フロアで寝るネコ

どうしたものだろう?

まず、シートに何か置いておく。これで居心地悪いので来なくなる。

skyb-cat3
しかし、またネコはどっか探す

猫は追い払っても、結局、猫もどこかで生きてくしかないので、
寒空の冬は、少しでも居心地よいところを勝手に探す。。
それは、別のバイクかもしれない・・人間の都合は猫には関係ない

冷静に考えると、魚が激減して、すみかを作って繁殖してくれと環境を作るのはよく見かけるが
邪魔になると、増えないように対策する。

全部、人間の都合だが、
他の生き物は人間の都合で生きてるのではない、と考えると妙に腹も立たなくなる。
というより、こんなことで怒るエネルギーもむだに思える(そうは言っても腹立たしい時は腹立たしいが)

八十八箇所参りを終えて気づいたのは、自分のことを中心に考えていると悩みばかりがどんどんふえること。
ワガママに生きれれば、さぞ幸せか? というと実際、不満ばかりが増えていくものだ。

生きてる限りは、生き続けるしかないのが生き物の運命。
人もネコも生きるのは大変だ 人は一生は長いぶんだけいろいろ大変。特に寒空の下では悲壮感が募るが、悲壮感あふれるネコは見たことがない

寒空の夜にはバイクで寝て、昼間にはのんきに屋根や塀の上でひなたぼっこ、屋根から植木に飛び移ったりして遊んでいる多分あのネコは悲壮感もたまに持て!と時折思ってしまう。衣食住足りても最近、都会のマンションの一室で一生を終えるネコも多いが、あれはあれで気の毒な気がする

考えたネコ対策

まず、シートに何か置いておく。これで居心地悪いので寝なくなる。
しかし、ネコはまたどっか探す

それで次に、共存のために、猫の寝床をどこか邪魔にならないところに作る。

電線の塔のカラスや鳩対策でやっているが、鳥の巣を鉄塔に作られると送電の妨げになるので、追い払ってもまた作ってラチが開かない時は、問題ないところで巣の作りやすいベランダを作るというもの。共存対策

ネコ うまくそこに行って寝てくれるかは、猫と場所の環境次第・・

鮮魚、カニを通販で買うと入ってくる発泡スチロールに入り口を開けて、敷物にウエスを入れて雨風しのげる、邪魔にならない場所に置いておく
発泡スチロールって断熱剤で暖かいのだ!

代わりにここに行ってくれ と・・

意外と、これは面白い

ここに置くと入ってるかな(住み家にしたかな)
とワナを仕掛けた気持ち なかなか住み着かない

ネコとの追い払いをしてると無駄にエネルギーを使うだけなのでネコとイタチごっこするより、こっちのほうが建設的で心も健全。

なかなか難しいが、若い頃、足あとに怒っていた頃より大人になれた気がするネコ対策

しかし、野良犬はいなくなったのに、野良ネコはやっぱりいるのはなぜだろう。

記事下 related-link上

スポンサーリンク