suzuki ジグサー150 販売開始

2017/10/08

スズキから 小排気量のロードスポーツバイクが販売された

 

zigxxer1

suzuki ジグサー150

スクーターばかりだった小型クラスに ロードスポーツがでました。

suzukiの国内販売品です

インド中心の販売だったのを国内に出したようです(made in India)

zigxxer

バーグマン200に続き、150ccという、またまた中途半端な排気量・・・

150ccだけど 125クラスの紹介に入れときましょう、
でないと目新しい新バイクないし(笑)

125ccの小型クラスだったらなー という思いです。

それでもスクーターに偏った国内小型バイクの中では、小さめの本格ロードスポーツ

*ロードバイクと呼ぶと、最近では自転車のことになってしまうので、ロードスポーツバイク

国内のメーカー正式販売は珍しい

スポンサーリンク

特徴

154ccで、新機能などの大きな特徴はなく、インド販売の国内版といったところのようです。

メーター

zigxxer meter

フルデジタルのメーター 好みがわかれるが、国内販売らしい先端性

キャブレターでなくFI(インジェクション)です

今どきの国内販売で、キャブレターってことはないでしょうね。
だから始動もいい。

そのほかには、大した性能アピールのところはないみたいです

スペック

車種 suzuki
ジグサー150
重量 135 kg
シート高 785mm
全長 2005
出力 14 PS
タイヤ F17R17
キャブ,FI FI
燃料タンク 12L
価格 316,440円

 

サイズは125のロードクラスの大きさだけど、シートが高め
(確かこの下に物入れかなにかあるかも)

標準の大きさというのがないんだけど、ちょっと大き目といえるかも。

ロードスポーツでシート高:785はちょっと高めです。
選択の前に、ポジションが合うか考えてみたほうがよいと思う

目玉は

やっぱりデザイン。

このクラスではなかった、中、大型バイクと同じ、最近のデザインのバイク

ラッパのショートマフラーは・・・どうだろう 好みになるが。

ツートンカラーの別売品 価格アップみたいです。

zigxxer 2collor

 

このデザインは、日本メーカーでは 小型分類にはなかった、中、大型クラスのデザイン

 

スズキのグラディウス400とにている

スズキ グラディウス

125の小型クラスでは、ロードスポーツといえば
YAMAHAの海外のYBR125 ぐらいになっていた、

YBR125は、従来の普通の単車って感じの、設計もデザインも昔ながらのバイクだったけど。

150ccだけど、ここに新しいのが入ってきた!

YBR125 は国内の正式取り扱いでない。

インジェクション、デジタルメーター

国内正式販売なので品質も、安心感も信頼性とかもよさそうです。

価格も抑えらている

 

zigxxer1

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
316,440円    (消費税抜き 293,000円) 2017/1/27

 

150だと 中型バイクになるから、手軽で維持費もやすい125ccで販売された方が注目されると思うけど、、

125ccにスケールダウン版の発売は・・たぶん なさそうな予感。

なんで150ccなんだろうね。

国内の区切りに合わせるのがめんどくさくて、エンジン変更しないんだろうか?
それでも手間暇かけて国内販売・・

125ccだと、ロードスポーツでは非力感がでるかもしれない。だから手軽な小型のバイクでもロードなら150ccぐらいは必要かなぁ。

いつも思うんだけど、新型が出てきても、150ccで

なくなった手袋が出てきた=両方右手 だったみたいな もどかしさ・・

スズキのスクーターばっかりの125ラインナップの中に加えてほしい

記事下 related-link上

スポンサーリンク