バイザー付 シールド | まぶしさを防止するプロシェードシステム

2017/02/25

アライのバイザー付のシールド

逆光をさえぎるインナーバイザーを知り、アライのバイザー機能の性能をまとめた

スモークシールドではなく、目元にサングラスのように降りてくるバイザー付、
つまり一部だけスモークシールド

  1. スモークシールドはかっこイイが、外から中が見えず便利だが、トンネルや夜は見えにくい。
  2. 必要な時だけスモークシールドのバイザー機能
    逆光で、まぶしいときだけ、昼間だけ、外から中も見えない
    降ろさなければ、クリアな視界

ヘルメット バイザー

この機能

SHOEI TG-Air

Questの1ランク上で装備はいろいろあり。

内側の ガンダムの量産型=ジムのような目部分がみえるでしょうか?

SHOEI GT-Air
SHOEI QUESTの上位モデル。
インナーバイザーがついて、内部で下りてくる。

ただ、インナーバイザーのせいで、ガワが大きく少し頭でっかちになるようです。
SHOEIのインナーバイザー付は、数種類で数少ない

アライの、アウターバイザーが便利で気に入りました。

スポンサーリンク

アライのアウターバイザーのヘルメット

アライのバイザー付ヘルメット

バイザーを内側につけると、スネル規格から外れるらしく
アライのヘルメットはすべてインナーバイザーのモデルはありません

代わりに、シールドごと取り換える=アウターバイザー
アライ スーパーアドシスI プロシェードシステム という、シールドだけが外付けのオプション品になっている。

普通のアライ ヘルメットに、シールドだけ=プロシェードシステムのシールドに交換して使う

アライ プロシェードシステム シールド

pro_shede-flow1

多くのモデルに対応しているので、選択が多い

見かけは、日さし付きのようになる
見かけはイマイチだが、風切音も増えるわけでもないようだ。
(メーカーでも150キロ位までは影響がないのをテスト済みとの事)

アライ スーパーアドシスI プロシェードシステム

アライ プロシェードシステム シールド シールドだけ

プロシェードシステムの概観 取り付けたところ

 オープン時

arai プロシェードシールドopen

普段、昼間は閉じて走行することが多い。

閉じたことろ

arai プロシェードシールドclose

外側から、バイザーが・・インナーよりちょっとカッコイイかも!

 

内側から見たところ

オープン時も、少し視界に入ってくるようです。日差しの役目にもなっている

pro_shede-view1

 

arai astroIQ Proshede-whole
普段は閉めているので、それほど問題にならないでしょう。

あとから外付けのオプションとして販売されている

 

最初からアウターバイザ付のモデル

最初からアウターバイザーのプロシェードがついているモデルもあるが

 

アライ(ARAI) ヘルメットASTRO PRO SHADE グラスホワイト M 57-58cm -
アライ(ARAI) ヘルメットASTRO PRO SHADE

せっかくのオプションなのであとつけでいいたろうということで。

格安のHRにも対応

2万円台で買えるアライのHRにも対応している

アライ (ARAI) HR-MONO4 シロ (59-60)
アライ (ARAI) HR-MONO4 シロ (59-60)

アライ品質のヘルメット、+6千円ぐらいで、バイザーシステムが完成

アライ Astro-IQに取り付け

結局、アライのAstro-IQとプロシェードにしました。

arai astroIQnProshede2

半月形で、左右はクリアな視界が広いので、バックミラーが見やすいです

よく考えて選んだせいか 気分がイイ、ヘルメットのかぶりごこちもいい、
プロシェードシールドで、バイクから見える世界が変わり、バイクがまた楽しくなりました。

プロシェードシステム対応機種 ヘルメット

arai-pro_shade

対応する型番のメットに、追加購入で取り付け可能なのが魅力

pro_shede-model

アライのヘルメットの中で、プロシェード対応機種は、

  • HR-MONO
  • Quantum-J
  • RAPIDE
  • Astro-IQ
  • RX7-RR5

ほぼ、以前の候補で取り上げた、主要なアライのラインナップに対応している。

あとから買って取り付ければいいのでヘルメットが自由に選べる。

アライ AstoroIQnProshede

以前、ラパイトに濃いスモークシールドで走っていたが、雨の日の夜間はかなり見えにくく、開けるか、カンではしってました。
スモークシールドは、夜走だけ交換なんて面倒でできない。

普段は閉めてスモークシールド、夜間だけ開ける という使い方。

あとから外付けでき、

「こんなモン、やっぱり邪魔!」と思えば

交換して、普通のクリアにも、スモークシールドにも選べて戻せるのも魅力です

悩みが両方 解決した!

昼間のまぶしい逆光で、追突しそうになりヒヤッとしたし
夜のスモークシールド走行で、やっぱり危ない思いもした。

  • 普段は上げる、まぶしい西日の逆光でパチンと下ろす。
  • 普段から降ろしたまま、夜の暗い走行は上げる

どちらでもすぐに使える。付けた感じ、とても便利です。
(いろいろ調べて選んだかいがあった!(涙)

降ろすと全面でなく、下方がクリアですが別に違和感は感じません。

インナーバイザーの機能を求めているなら、アライのアウターバイザー
アライヘルメット + プロシェードシールド も十分実用的でおすすめできます。

これいいよ! 気に入った(使える便利品に認定です^^)

アライの製品なので、
ちゃんとテストされていて、風切音や影響もも増えるわけでもないようだ。
(メーカーでも上げても閉めても150キロ位までは風切音なども影響がないのをテスト済みとの事)

見た目のデザインが、ありきたりでないかっこいいスモーク。

他に見ないヘルメットになるのも良いところ。

アライ プロシェードシステム

西日のまぶしさから開放されたのがうれしい。

見た目のデザインでもイイ、普段の足にも、ツーリングなどにも、重宝します。

記事下 related-link上

スポンサーリンク