ジェベル125にしたよ 使用感

2016/09/21

オフ車が欲しいといろいろ考えてきましたが、suzuki ジェベル125にしました。

オフロード車もやっぱりいいですね(うれしい)
さて、ジェベル125に乗った概要ですが。。

ジェベル125全体

Djebel125

ジェベルはとても普通な125のオフロード車です。

125ccなのでパワーに物足りなさはあるけど、車体が軽くてフルサイズのオフロード車、そしてシート高が低いのでとても乗りやすい。

燃費も良くて、別段くせもなく、特徴もすくない。

オーソドックスな感じのだれにも乗りやすいオフ車という感じ。

スポンサーリンク

フルサイズのオフリード車とは

カワサキのKLX125と迷ったけど。。

こちらは現行車で、でも一回り小柄。それも楽しそうでいいんだけど、フルサイズにしようとしたら一番普通なジェベルがトータルで一番乗れそうに思った。

ジェベル125は、フルサイズのオフ車

フルサイズとは一般に、前輪が21インチ 一番よく見かけるタイプ。

250ccのオフ車と同じサイズなので、タイヤの選択や部品も選択が一番多くて選びやすい。

Djebel125_2

ロードスポーツバイクやスクーターに乗っていると、つくづく感じるが、

舗装されていない道路、荒れ地、林道だと、やっぱりサスペンションの強いフルサイズのオフ車の走破性はすごい

楽しいよ、、!!

オフ車の弱点

その代わり、舗装道路を走ると

圧倒的にスクーターやロードスポーツが楽に進みます。

特に、サイコロタイヤつけてると、道路を走る距離が長く感じること・・
(スクーターならアクセルでビューのところ、オフ車ではトコトコ走ってる感じがする それがいいってコトもあるけど・・)

オフ車でオンを走るのは昔から苦手です。

風もシールドないからモロに受けるし、高回転もないし、これでツーリングということが想像できなかった
やっぱり今でも同じ。

スクーターって楽だな~ とあらためて思いました。

しかし、
スクーターにはない走破性、野山を駆け回るのが楽しい!

ジェベル河走行3

 

石の階段があるとバイクで上りたくなる!

オフロード用に作られた車両って、荒れ地を行く能力がやっぱりすごいゼ。

ジェベルの特徴

suzuki_Djebel125

良いと思うところ
  • やっぱりシート高が低いこと。これは大きい
    足つきは本当に大切です。
  • セルがついている。(今どき 普通はついている)
    ぬかるみでエンストしたら大助かり
  • 6速まである 巡行が楽
  • サスはふつうに強い
  • 低速の粘り強いトルク
  • 全体が普通のつくり
    特別なところがないので整備やパーツ類も普通にできるのは強い

だれにでも乗りやすい、燃費も良い、オールマイティなオフロード車という感想です。

不満なところ
  • 高速がイマイチ
    せっかくの6足は、もっと高速向けギアにしてほしかったところ
  • パワーはやっぱり125ccなりの力
  • 低速のトルクの粘りが中心のパワー
    オフで使いやすい低速の粘り力がイイけど、中高速がもうちょっと欲しい

扱いやすいように低速の粘り力、中心のエンジンのようでオフは楽しいけど、中速にもう少し欲しくなる

250ccで有名なヤマハ セローのような感覚の125ccといったところなのかなも。

serow2

そんな感じで125になると中速域からがイマイチで、道路やツーリングではもう少しほしいなあ
でも本領のオフ遊びでは、坂道もスタック脱出も粘りがあって楽しめる走りができる

昔の2サイクル DT125Rの走行感覚を思い出すと
2サイクルは中速域のパワーを使うので、一般道には強いがオフには少し慣れが必要。

2、4サイクルどっちにしても、125ccなので全部は求められない

そう割り切るとジェベルはオフロード遊びにはちょうど良い

もはや製造はしていない旧車だが、シンプルなので故障もすくなく、いまだに根強く人気があるので部品も入手可能。
手をかければ、かなり長くも乗れそうな感じです。

所有バイクが増えてしまったが、みんな特徴があってカワイイ。

しばらくオフ車で遊びます(^^)

記事下 related-link上

スポンサーリンク