ホンダ CB125R 強烈デビュー

2018/03/19

CB125R ミッションバイクの豪華装備

2018 3月 ホンダからロードスポーツ125が出ました!

HONDA CB125R

スズキ GSX-S125 の発売に続いてホンダからも
これが、本格的ロードスポーツ、装備でスズキ GSX-S125を超えている

海外販売の150ccの国内125版だけど、豪華なままに国内でもホンダが販売し始めました

内容を見たら驚くと思う!

スタイル

cb125r-side

250ccと同等の車格の125版

ほぼ250の外観です、車格も同等。

250をもとに125版、国内では珍しいかも 400--250はよくあるけど
装備が250同様に豪華です!

メーター

cb125r meter

デジタルメーター 今流にはこれが主流ですね。

フロント

cb125r-front

ネイキッドの丸目ライト

 

装備

CB125R-wohle3

装備する各部分の性能が上位クラスと同様の豪華さ
それで値段も・・・

ラジアルタイヤ

125cc小型クラスでは初だと思う
125でラジアルタイヤってもうなんて言ったらいいのか・・豪華な性能

タイヤについてはここ バイクのタイヤの種類とサイズ

倒立フォーク

金属のフォークチューブが、普通と反対になってるFフォーク
逆さについてるから倒立フォーク

cd125r-brake

125で倒立のフォーク採用
流行りの倒立フォークだけど、ついに125のロードスポーツに。

こっちの;倒立の方が剛性がよく堅牢なのは知られているけど、125ではオフロード車しかなかったと思う。ついにロードスポーツにも。
最近ホンダの車種に採用されているみたいです。

ラジアルマウントブレーキ

最近はやりみたいになってる、縦にブレーキシステムを固定する方法
こっちの方がブレーキが素直に操作できるらしい


足回り強力!!
 こんなに必要なのかってほど。

エンジン

CB125R-engine

エンジンは 水冷4ストロークOHC単気筒

suzukiのような高回転型DOHCでないけど、いろいろ選択が増えた

主流の250ccクラスを元に125にしたようです。だから力も入ってる。
250並の最新装備のロードモデル125は、いよいよ出てきたかなって感じ

たいしてスピード出さない125にも本格装備をふんだんにおごった125
値段も250並です

仕様 スペック

CB125R-back

車種 CB125R GSX-S125 ABS
重量 127 kg 133kg
シート高 815mm 785 mm
エンジン SOHC・2バルブ DOHC ・ 4バルブ
全長 2040mm 2,000 mm
出力 13PS 15 PS
タイヤ F17 R17 F17 R17
キャブ,FI FI FI
燃料タンク 10L 11L
価格 448,200円 354,240円

値段も頭一つ抜けて高い

ここまでの125バイク はどれぐらい評価されるんだろうか、つまり売れるのか??

あまり本格性能に力をいれないのが125クラスだが。。
たぶん、本格的な走りを求める人250クラスへ行く。

だから125は手軽でもあるスクーターが中心に人気になったと思う。
250は値段も高いし、手ごろで維持費も安い125 という選択

この主流250並の豪華な125が受け入れられたら、またバイクの主流が変わる気がする時代を占う機種かも(いいすぎ^^)

スポンサーリンク

本格装備の125ロードスポーツ

ハンドル

スズキ GSX-S125を抜く本格装備です、値段も10万ほど上がる

こういうバイクが登場すると、125の小型クラスは自動車の軽四になりつつある。。

今や4割近くの車で軽四が乗られている、維持費の安さや性能アップでどんどん浸食してメジャーになってしまった。。それでウリの1つ維持費の税金も上げられた

軽四もあれこれ装備をつけたら軽四のくせに200万円を超すようになってきた。
時代と共にエンジンが進化して、小排気量でも乗りやすさとお手軽が両立したら車体の値段も高くても主流に

125も主流になるかもしれない

手ごろな125ccのクラスもどんどん増殖してる。。
こういう本格ロードスポーツが受け入れられると変わりそうな気もする

あとはヤマハが海外の150ccを国内販売してきそうな予感、、CB150Rに対抗するのを海外では販売してるし

楽しみだね、

どんどんホットになる125クラスです。。

記事下 related-link上

スポンサーリンク