HONNDA CBX400F | プレミアの名車

今、プレミア価値が着いているバイクの1つ

CBX400F の話とそこまでの流れ。

リターンライダーの青春と想い出

プレミア価値の昔のバイクが欲しいと思う理由は様々ですが、

’83雑誌

CBX400F を欲しがる人は、

  • 当時そのバイクに乗っていた、
  • 当時の憧れのバイクだった。

の人たちのようです。

CBXってどんなバイクだったんでしょう。

CBXの前に、このバイクの流れを作った 伝説のバイクがあります。

Z400FX

カワサキのZ400FX

カワサキ Z400FX

FX(エフ エックス)といえば、当時のバイク乗りで

知らぬものはいない!

このバイクは 400ccで、並列4気筒 エンジン のバイクで大ヒットしたカワサキの名車です。

このエンジンはマルチと呼ばれて人気の定番になる。

このエンジンのマフラーで4本の排気を1本に絞った集合マフラーという独特のサウンドを出すマフラーがブームに。

乗ってた人は、もう55才以上の人になると思う、、そういう昔のバイク

暴走族が乗る定番のバイクでもあった。

当時は、族がブームで妙に少年もかっこよく思っていたのでしょう。

 

うるさいマフラーの族バイク群が通り過ぎると

「あの音はFXだな」

としたり顔で いう小中学生とかがいたもの(笑)

FXは独特の排気音が出たのでこんな話がでたのかも。。

CBX400F

1981年登場

空冷4サイクルDOHC4バルブ4気筒

CBX400F

400ccで、並列4気筒 エンジン が一番人気になり、

そのエンジンはマルチと呼ばれて各社でマルチのエンジンのバイクが続々と発売

  • YAMAHA XJ400  ヤマハのペケジェーだ
  • suzuki GSX400
  • kawasaki Z400GP --FXの後続

マルチで一番人気だったのが、
新設計で新しいエンジンを載せてDOHC・16バルブ・4気筒エンジンのホンダCBX400F

流行の流れは、こんな感じだと思います。

FXから続くこのエンジンのブームで、結局 一番人気を得たのがCBX。

後続のZ400GPは、スタイルがFXを引き継いて、特に 暴走族に支持されるバイクとなった
が、、一般人にはCBXになった

CBXはFXのマルチのブームの定着盤。

こういうことではないでしょうか(笑) たぶん

スポンサーリンク

欠かせない集合マフラー

そしてマルチが出てきたら、忘れてならないのが

当時は、並列4気筒(マルチ)のエンジンに、猫も杓子も集合(集合マフラー)つけるという・・

知らない人のために

集合マフラーとは

集合マフラー

4気筒の排気を1本のサイレンサーへ集合させるマフラーのことです。

独特の排気音がでて、それでみんなが しゅうご~ 付ける時代(笑)

2気筒を1本に絞っても しゅーごー だと思うが、そう呼ぶのはダメだったみたい

集合の定番

その定番、これもみんな知ってる

  • モリワキ サイクロン: (集合マフラー)懐かしい定番マフラーまたは
  • ヨシムラ フォーサイト

懐かしくてニヤけてきた(笑)

発売当初はどーと売れて、街中でよく見かけたバイクになった。

みんなが並列4気筒のマルチ と 集合つけるという。
バイクはマルチでなければ、集合つけないと。。という時代

 

そして、まず買ったら改造(カスタム)の方向は、

集合にして、
セパハン、バックステップ とレーサーに似せる方向へとどんどん向かっていく

backstep

車だったら、
アルミホイールにして、ローダウンして、スポイラー付けて。。と・・

誰もが通る道でしょう、当時の(笑)

続いてレーサーレプリカブームが到来

ここから、過激なハイパワー出力、高性能バイクへの時代の幕開けです。

初の本格レーサーレプリカ として
センセーショナルに登場したのが スズキのガンマ

今思えば、ムチャくちゃな危険なものを市場に出していたとおもう。

そして、250ccにもマルチが登場します。

記事下 related-link上

スポンサーリンク