キャブレター組立 | ジェベル125

 

部品が着ました。バイク屋さんの発注ミスで抜けていたものもあったが、ほぼ大丈夫。

ジェベルのキャブ 新品パーツ

 

キャブレターの組立

分解、洗浄して純正の部品が来たので組立。

組立も細かいので注意しながらの組立作業です。

一番好きな組立作業です。

スポンサーリンク

組立作業 分解洗浄後

新品部品を取り付けるのは楽しい

きれいに洗浄して手入れしたので、新しい部品を組み付けです。

朽ちているOリングを外して新品へ

フロート室 Oリング交換 新品

取り外したら、ゴム類は硬化していてボロっと切れたりして弾力がなくなってた。

寿命です。ダイアフラムは大丈夫だった。

jbl_cab-oring

フロート室も洗浄したのできれいになった。

洗浄前

djeber125 キャブ フロート室

洗浄後

Oリングも入れ込んだ

フロート室-新品Oリング

気分がいい

新品部品

ワッシャとOリングが抜けていたので、注文

パイロットスクリューとOリング

この順番のようです。

パイロットスクリュー分解図

通してからネジ止めする

cab_pirotjet-asm

パイロットスクリューのねじ込み

これでアイドリング調節をするスクリュー

パイロットスクリュー取り付け穴

最後まで、ねじ込んだあと

戻し が1回転と半分 か 1/4

ぐらいだそうです。

ダイアフラムの組立

さて、上部のダイアフラムの部分

取り付けは

左右対象に見えてそうでないものがあるので注意しながら

このダイアフラム、マルのようでマルでない!

ミゾを見渡すと、ネジ穴の横に、丸い出っぱりがみえるでしょうか?

ミゾに合わせて全周を指でナゾッてはめ込んでいるときに、気づいた・・
(下写真 中央部)

ダイアフラム組立

ゴムのダイアフラムもこの形に飛び出ていて、向きがあるようです。

よーく見ると ゴムの外周がボヨンと膨らんでいるところがあるでしょ(下写真 右下)

djeber125_cab 分解 上から

反対に着けると、ハマらないようになっていて、
こういうので、向きを指定してている

危うくピストンバルブを左右逆につけるところだった。

素早く組み立てていると、飛ばしがちな盲点です。

 

最後の組立

最後にフロート組立

フロートも 洗ってピンを通して組立

ここは、最後がよいです。
ここを組み立てると、立てたりするのができなくなるため

キャブ フロート

丁寧に1つずつ確認しながら作業です。

付け忘れがあるといけないので、
組立ながら部品が減っていくのを確認しながら、最後は外した部品がなくなるハズです

djeber125 キャブ 分解 部品類

そのために、全部を小分けしてまとめて箱、袋にいれてある

組立後に、あとから出てきて、

”あぁ~ 忘れてた! また分解・・”

をこれまで何度もやってきたので、注意しながら作業。

 

さて取り付けてエンジン始動がたのしみ!

今回は、全部の部品を交換していないけれども

汚れていたキャブなので洗浄だけでも調子は改善すると思いますが
効果は どうかな?

記事下 related-link下

スポンサーリンク